ヨガ仲間と弊立神宮へ。

我が家でいつもしている月1のヨガの練習&勉強会。
最近は勉強会というより、課外活動になってしまっていますが(笑)
(先月は福岡へボイジャータロットの体験会へ行きました。)

今日はまゆみさんと宏美さんと弊立神宮へ。



前回まゆみさんと行った時は、雨模様でしたが、今日は雲ひとつない快晴。

凄く爽やかで気持ち良かったです。

自然を感じながら散策。





草木の香り、土の感触、そこかしこにある命の息吹き。





やたら幼い頃のことを思い出す。

昔はもっと自然の中で生きていた。
ただ、そこに在るものを自然に受け入れて、共にあった。

グラウンディングなんて言葉も知らないあの頃の方が、グラウンディングできていたのかもしれない。

パン工房Yamagenさんで遅めのランチ。










とても幸せな1日でした(*^^*)

Moon Drops yogaclass

Moon Drops yogaclass−ヨガ入門−

場所:桜木東コミュニティセンター
熊本市東区花立6丁目17-43(駐車場有り)

日時:水曜日 (月3回)
10:00〜11:40 (100分)

参加費:☆お月謝制 5,400円(入会金1,000円)

☆単発参加 2,500円

☆体験 1,500円


定員:7名

服装:動きやすい服装

持ち物:ヨガマット・水分補給できる飲み物・タオル

申し込み・問い合わせ:井手 仁(イデメグミ)
lapinkumahnymm☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい)

〈件名〉ヨガクラス(入会・単発参加・体験)申し込み

〈内容〉お名前・お電話番号

3日過ぎても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡お願いします。

弥勒瞑想〜ロータスの花のように〜

水本晴美さん主催の、那須シズノさんによる弥勒瞑想のワークショップに参加しました。

去年、開催が予定されていたワークショップでしたが、地震のために中止になりました。

…が、その時ではなく、今回のこのタイミングだったからこそ、受け取り方も違うし、自分にとって意味もあったのではと思っています。

那須シズノさんは、ハワイ島在住の舞踊家。
その程度しか知識はなく、はるさんのお話を聞くだけで、ただただ遠い存在でした。
はるさんがハワイに会いに行くほどって、どんなに凄い方??

そうして想い描くだけでは手の届かない神様のような存在で、勝手に神聖化してしまって、自分とは次元が違う方という感じでとらえどころがなかった。

けれどお会いしたシズノさんは神様ではなくて、人として、リアルで、ライブで、そこに在る。
話されること全てに体感したリアルがある。
だからこそ、こんなに響くんだなと思いました。




鏡の前、映る自分の姿、動き…。
見た目を気にして、他人にどう映るかを気にして、直視できなかった自分。
自分で自分のあるがままを受け入れてなかった。
認めてあげれてなかった。

同じ場を共有していても、表現するもの、発信するもの、受け取るもの、それぞれが違う。

それでいい。

「人は生まれながらにオリジナリティ」

その言葉が深く深く、心に響いて、涙がこぼれた。

もっと自分を認めてあげていい、愛してあげていい。



瞑想の中で、自分に微笑み、自分を抱き締める。

これまでの自分に、今の自分に、そしてこれからの自分に、ただ「ありがとう」の気持ちを込めて。

全てを受け止めて、委ねて、許して、心地よい瞑想の時間でした。



素晴らしい時間を共有できた皆さんと。
ご一緒できて嬉しかったです。
ありがとうございました(^-^)

主催していただいたはるさんにも大感謝。
参加出来て本当に幸せでした。




那須シズノさん。
火山の近くにお住まいなだけあって、自然のエネルギーに満ち溢れた方でした。

Voyager Tarot®Alchemy STAGE.2

4月27日、28日の2日間で、ボイジャータロットの講座stage2を受けました。

1月にstage1を受けた時は、ボイジャータロットの基礎を凝縮して2日間でぎゅぎゅぎゅっと詰め込んだ感じで、話を聞くのにいっぱいいっぱい。
タロットの端っこも掴めた気がしなかったけれど、それからの3ヶ月ほど、自分の日常に少しずつカードを取り入れていくことで、少しずつ、カードワークが深まっていくのが面白かった。

占いとして使うのではないので、結局答えをもっているのは自分自身なんだけれど、だからこそ、自分の中にある全てを表したカードが、凄くクリアに潜在意識を出してくれる。
自分が今何を必要としているのか?
どういう答えを自分がもっているのか?
何に気づくべきか?
考えているだけではモヤ〜っとしていることが、明確になって浮かび上がるのです。

stage1を受けてからの3ヶ月は、ちょうどグラウンディングヨガ5期のTTを受けていたのも重なり、本当にタロットに助けられました。

カードがサポートになり、いつも自分の真実に気づかせてくれたから、今、自分の選択で自分を生きている気がします。

27日、stage1とはちょっと違うヒーローズジャーニーを習いました。

「5月からのヨガレッスン、魅力あるレッスンが出来る私になるためのヒーローズジャーニー」


現状は?
『Purity』
静かに輝いているものが自分に中にある感じ。

行くべき方向性は?
『Moon』
潜在意識に届かせていく、暗闇を包む大きな光。

乗り越えるべきチャレンジは?
『Confusion』
6番は他者との関係性でもある…既にあるクラスの生徒さんにどう伝えていくか混乱する?

サポートになるものは?
『Player』
生徒さんにどう思われるかよりは、まず自分が場を楽しむことかなと思いました。

このヒーローズジャーニーを元に、2日目は、この4枚のカードを使って物語を作ったり…。


選択のカードワークをしたり。



ホールセルフマンダラをしたり。



実践盛りだくさんで、本当にあっという間の楽しい2日間でした。

私は誰?ゲームまでは、その後の予定があり参加出来なかったのだけど、先日ユリさんのところで体験させてもらっていたので、後ろ髪引かれることなく出てくることが出来ました。

本当にカードワークは深くて、理論もまだまだ掘り下げたらきりがないんだろうけれど、それよりもまず、実践。

カードに触れて、自分でそのカードから気づいていくものが積み重なり、この道を深めていくんだと思います。

忙しいとなかなか、1日1枚引くことさえ遠ざかってしまうけど、自分に意識的でいるために、カードに触れていきたいと思います。

5月からのヨガレッスンには前後にカード1枚引きがつくので、図らずもセッションを始めることになります。
そちらにとっても、stage2まで受けれたことは、素晴らしい学びになりました(^-^)

昨日、選択のカードワークでした、行動の約束は「欲しい物(Blancaさんの砂時計)を買う」



ゲットしてきました(*^^*)

ファントム入りのレムリアンシードクリスタルも、衝動買いしてしまったけれど、やっぱり『Fulfillment』でした(*≧∀≦*)

グラウンディングヨガTT再テスト。

今日は5期TT卒業レッスンの再テストの日でした。

この日が近まるにつれて、どうしたら良しとされるのか?
また納得いかないレッスンになったら?
全てをさらけ出さないとダメなのか?でも全てを出すなんて出来ない…。

色んなマイナスの思考が働いて、もう逃げたい。
1度やると決めた再テストだけど、やりたくない………。
そんな風に思うなんて、自分でもびっくり。

全然練習もしなかったし、テキストを読み返すこともなかったこの1ヶ月。

卒業レッスンの日は、自分以外の力に動かされた感じがあり、前に3人の誘導を受けてからの自分の番だったからというのもあり、その3人の良いエッセンスを取り込んで、自分の力以上の力が出せた感覚があり、それをフラットにしたくて、あえて何もせずに過ごした。

今の素の状態で、今、出せるものをただ出そう。

そう思って、再テストに向かいました。

同じく再テストだったおひとりのレッスンを受けて、共振しながらも、自分は自分でしかない、他の誰でもない私のレッスンをしたいという思いが強くなる。

私の番になり、皆の前に立った。
緊張してるつもりはなかったけれど、「緊張する〜〜!」と口に出してみたら、ほぐれている自分がいて、やっぱり緊張してたんだと気づいた。

「まさか、自分が再テストになるなんて…」話始めたら、はるさんに、もっと出してと言われて、「はるさんのバカ〜!」「なんで再テストなの〜!」

この1ヶ月、言いたくて、でも蓋をしていた気持ちだった。

出したらスッキリした。

うんうん…って納得していたつもりでいて、本当は悔しかったし、悲しかったし、何で認めてくれないの!?って思ってたんだ。

ひどい言葉だけど、はるさんなら受け止めてくれると思ったから、出せた。

突き放してくれたからこそ、この場がある。
今の私がいる。

その後に生まれた、新しい私の誘導。

呼吸で声を出したくなり、出した。
思いきって1度出したら、本当に自分の中からいらないものが出ていって、楽に息が出来た。
吸って吐いて、思うように出来ていると思っていたけど、本当には出来ていなかったんだ。

呼吸は、生まれて初めて行う、この世界と繋がるためのアクション。
産声のように、Fool-childになって、思いのまま声を出していいんだ。

グラウンディングヨガの誘導を、ボイジャータロットとからめて造っていきたい。
その私の野望の第一歩。
たどたどしいけど踏み出せた。

思いきって出した声、自分の声は好きじゃないし、震えていたかもしれない。
誘導としてはまだ不完全だし。
でも、それでもそこに、自分が今、伝えたいものがあった。

だから、呼吸のあとの誘導は、正直メタメタ。

卒業レッスンの時のが上手に出来たような…って気分になったのは、そのせいかな。




再テストも無事に終わり、合格も本当の合格に。

でも、まだまだこれから自分のグラウンディングヨガを創造していくことが始まったばかりだと思う。
今、自分が心から何を伝えたいのか。
伝えていくことに怖さはなくなった。

私は私の真実の道を。

<< | 3/11PAGES | >>