calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

ボイジャータロット勉強会

今日は、はるさん主催のボイジャータロット勉強会へ。


人格の基礎と言われるアーキタイプ、0〜10番の大アルカナの復習でした。


ボイジャータロットは占いではなく、自分の魂のガイドとなるツール。


タロットが人生を決めてくれるのではなく、今浮上してきている私の魂からの声を、カードが見せてくれるのです。


グラウンディングヨガマスターへの道を自ら閉ざしてから、カードにもしばらく触れたくなくて、ヨガのレッスン時以外には引くこともしなくなっていました。


はるさんのヴィーナス・コーチングに参加して、そこからまたカードに触れる機会が出てきて、最近ではまた毎日「今日の私の真実は?」で1枚引いて、小さな行動の約束からギフトを引く…ということをやっていて、やっぱりボイジャー面白い!!という感覚を思い出してきました。


イコール、マスタークラスを諦めて、萎んでいた私の生き方が、また面白くなってきたということなんですが。


今回の決まっていた就職先がフイになり、また新たなお仕事を決めるまでの中でも、カードが私の魂の地図を取り出して見せてくれているような流れがありました。


そんな最近からまたボイジャー熱が高まり、今回勉強会に参加する流れに。


『Fortune』というカードがあります。

新たな次元へとステージを上げるカード。

大アルカナの10番のカードです。


私のライフカードのひとつでもあり、私にとっていつもここぞ!という時のカードワークで出てくるカードで、自分の手で運命の輪を回していこう!!と、背中を押してくれるカードでもあります。


今日の勉強会では、まず0〜10の大アルカナで、顕在意識で好きなカード、苦手だなと思うカードを出し、私は好きなカードに『Fortune』を上げました。


桁が上がるこのカードは、更なるステージアップを意味しています。

そしてそこにはハイリスク・ハイリターンも伴っている。


私って…安全パイな、穏やかな人生を望んでいたはずなのに、好きだと選ぶカードがハイリスク・ハイリターンなんて。


まぁまぁ…これまでの私を振り返ってみても、確かに安寧さとは逆の方に自ら持っていっている傾向にあることは否めません(笑)


とにかく、顕在意識で好きなカード、苦手なカードを上げたあとは、今度はカードを裏返して、潜在意識に問いかけます。

今、私が比較的使えているアーキタイプ、比較的使えていないアーキタイプは何ですか?


比較的使えている→『Balance』

比較的使えていない→『Empress』


『Empress』は、女帝のカード。

無条件の愛、母性愛のカードです。

いつも私のイメージは『Empress』だと言われることが多いため、比較的使えていないカードに出てきた時に、ドキリとしました。


ここのところ、転職のことなどで自分のことばかり。

母として子ども達をちゃんと見てあげられてないんじゃないか…。


中学1年生、反抗期の長女には、自分ばっかり怒る口うるさいお母さんに。

小学6年生の次女には、自分は一生懸命やっているのに、何もわかってくれないお母さんに。

小学3年生の長男には、勉強のことしか言わない、好きなことをさせてくれないお母さんに。

3歳の3女には、甘えたいときに甘えさせてくれない、抱っこされたいのに抱っこしてくれないお母さんに…。


そう、子ども達に思われているんじゃないかという罪悪感が出てきました。


潜在意識からのカードを出したあとは、0〜10のアーキタイプの復習をざっとして、最後に、引いたカードに伴う行動の約束を決めました。


自分の選んだカードからかと思い、最初は『Fortune』から、「宝くじを11枚買う」で、ギフトの『Synergy』を引きました。


そしてはるさんから、Empressでは考えなかったの?と聞かれ、確かに、今比較的使えていないカードに意識的になるために、そちらの行動の約束をした方がいいなと思い、考えて…「子ども達4人を3秒間ずつハグする」行動で、ギフトは『Sorrow』


チャレンジカードだったので、もう一度行動を立て直しました。


その行動でチャレンジカードが出たのも、意味があるのだと思います。

確かに、ハグをする行動を意識しながらギフトのカードを引く時、胸がざわざわしていました。

ハグをするのにお互いが抵抗がある(のではないかと私が思っている)のかな…。


とりあえず行動の約束を立て直すのに、今月のマンダラを確認…家庭生活に出ているのは、『Rejoicer』喜ぶ女性のカードです。



気持ち良さそうに水を浴びている女性が目に入り、そうか…Empressだからって、何も子どもを愛して守ってばかり、子どもの嬉しいことばかりしなくていいんだと思い、行動の約束は、「子ども達ひとりひとりから、私が喜ぶ一言を考えて言ってもらう」

嬉しい言葉のシャワーを浴びたかった。


ギフトは『Harvest』

もう、充分受け取っていい時なんだと思えました。



講座後も色々話し込んでしまって、幼稚園にお迎えに行ったのは18時近く。

末っ子は眠くてぐずっていたのに、同じくお迎えだったはるさんの娘さんと遊びだし。


ひとしきり遊んでようやく車に乗り込んだ時には、帰り着く頃には19時になろうかという時間だったので、長女に電話をして、ご飯だけ早炊きで仕込んでもらうようにお願いしました。


そうしてバタバタと帰宅したら、言われたことすらいつもはやってくれない子ども達が、ご飯を仕込んでくれていたのは勿論、自分達から洗濯を干して、乾いていたのはたたんで、お風呂まで洗ってくれていました。


いつもはやらされた不満感で、ケンカばかり。

寄ると触ると口汚く罵り合う子達が、今日はニコニコ笑っていて、家の中の空気が柔らかくて、何のギフトかと思ったほど。

もうそれだけで充分だったけれど、子ども達から言葉を一言ずつもらって。


母の喜ぶ言葉なんて、嘘でもいいと思っていたけど、これが子ども達の本当の気持ちなんだなと、素直に受け取れました。


正に、ギフト以上のギフトをもらった気分。


私も穏やかな気持ちでいられて、言葉かけも自然と優しくなり、それが子ども達の笑顔に繋がる…自分が与えるだけじゃない、自分が受け取ることで循環していく『Empress』を感じました。


勉強会の機会を与えてくれたはるさん、ご一緒できたえりこさん、本当にありがとうございました。


はるさんのボイジャータロット勉強会、8月も7日に予定されています。

↓↓


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=810827272454238&id=340235259513444


コメント
コメントする