calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

ヴィーナスコーチング最終日。

昨夜の雨が嘘みたい。



清々しい陽射しの降り注ぐお部屋で、ヴィーナスコーチングの最終日を迎えました。


前回までのプロセス

http://lapinmoondrop.jugem.jp/?eid=70


全然、そんなつもりじゃなかったのに、昨日、はるさんがあげられてた記事に…3人の笑顔に、モヤモヤした気持ちを抱いてしまった…と口に出したところから、この数ヶ月、自分の中に押し止めてなかったことにしていたものが、溢れ出てきました。


私はマスターへの道を途中で辞めたんだから。
もう、立場が違うから。
一緒にいれなくてもいい、もう会えなくなってもいいから…そんな覚悟で辞めたんだから、こんな風に思ってはいけない。
口に出してはいけない。



………でも、あの笑顔に並んでいたかった。


会えなくなって、寂しかった。


同じ場所を、時間を共有したかった。



そんな、素直な気持ち。


そんなこと、言ったら(書いたら)見ている人達に何て思われるだろう?



自分の中でなかったことにして、蓋をして、しまいこんでしまおうとしていたものを、はるさんが開けて、出させてくれました。

口を開けて、喉を開いて、あ〜〜と出す声は嗚咽に変わり…。
こんな風に、人前で泣いて恥ずかしい、子どもみたいでバカみたい。

でも、それが赦される場所で、安心して泣けたし、胸の内につかえていたものを出すことが出来ました。


ここでなければ出来なかったこと。


本当は最終日は、ポーズをしてサラッと終わりの予定だったのに、完全に想定外の流れ…でも、共振の中、必然として起こっているのだと、はるさんのお話を聞きながら心から嬉しく、離れている人とも繋がっているのを感じていました。


アメイジンググレースの曲に合わせて、自分を愛でながら軽く動いて、タロットのセッション。


これも想定外だけれど、必然の流れ。

私の次のステージに向けてのセッション。



選択のカードワークとも言えるけど、どれも私には既にある道。

どの道も選べるし、その全部だって行ける。


最初に出た『Growth』が、今日のこの日のギフトのように、輝いて見えました。



最後の行動の約束をして、ギフトは『Aspiration』


マスターになるのを辞めて、前に向かう道が全部なくなったように思えていたけれど、ちゃんと残っていた。


マスターじゃなくても、元の場所じゃなくても、私の輝きを出せるところ。



大志を抱いて。


新たな仁生のスタートです!


コメント
コメントする