calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

ヴィーナスコーチング

4月末から、LuluLotusアカデミー代表、水本晴美こと…はるさんから、ヴィーナスコーチングを受けています。



受けたいと申し込んだのは1月末。


まだマスタークラスを辞める前でした。


その頃は、出したくてもどうしても出していけない自分が苦しくて、体が変われば自信がもてるかもしれない。

自信をもって、自分を出していけるかもしれない…そう思って。


その後、マスタークラスを辞める決断をして、そのことをお話した際に、ヴィーナスコーチングはどうするか問われた時に、受けないという選択もありました。

正直、金銭的にも苦しかった時期。

そんなことしている場合じゃないんじゃないか…。

マスタークラスを辞めてしまって、はるさんに会わせる顔がないとも思っていました。


けれどヨガとか、そんな部分を取り払った今、もう一度はるさんと繋がり直したい。

教える側と教えられる側、伝える側と伝えられる側でなく、ひとりの人として。


受けると改めてお申し込みしたものの、急な休みの変更などで、2月から始める予定が延びに延びて、初回は4月。

新町のスタジオで、2ヶ月以上ぶりにはるさんにお会いしました。



初回は5回のコーチングで達成したい目標を決め、何故それを達成させたいのか…5つのWhyを出しました。


私の目標に合わせたスペシャルバージョンの全身調律メソッドも教わり、初回は終了。


観念をいくつか出して、その観念ワークが次回までの宿題だったのだけれど、2回目の日、全く宿題ができなかったと告白。

その日ははるさんと一緒に観念ワークをしていきました。



目標を達成した私になるための、ヒーローズジャーニー。

行動の約束は、とにかく観念を出すことすら出来なかったところから、出していくことが出来るようになったことが、自分にとっては大きかったので、「新たに観念を10個書き出す」

ギフトは『Time-space』


最初にヴィーナスコーチングを受けたいと思った自分と、改めてヴィーナスコーチングを受けると決めたとき、そして2回目を受けて、本当には自分がどうなりたいのか定まっていなかった自分の魂の方向性が、決まってきている気がしました。


2週間後の3回目は、全体を流すオイルトリートメントを受けました。


はるさんに直接触れられながら、声に出ていない部分でも、伝わり合っている感覚。

言葉以上に伝わるコミュニケーション。

あ〜…私はずっと、こんな風に触れられたかったんだな〜と。

はるさんが、私を「変えよう」としているのではなく、私の「変わろう」という意識にそっと手を添えて、サポートしてくれているのがわかるのです。

自然と、心から、嬉しさと感謝の気持ちが溢れ、最高に心地良い時間でした。


いる場所が変わっても、立場がどうこうとか関係なく、こんな風に繋がりあえる人がいるってありがたい。



目標を達成できなかったら…『Love』

目標を達成したら…『Empress』

どちらも3番というのが面白い。

どちらに向かっても、私は私と言われている気がしました。

変わっても変わらなくても、もうすでに「私」なんだ。



そして6月に入り、梅雨前の明るい日差し溢れるお部屋で、4回目のセッション。


自分でも感じていましたが、見てとれる体の変化に、はるさんも驚かれていました。


痩せなきゃ!と思って、これを食べたら太る!と思って、頑張らなきゃ痩せない!と思って…必死に、無理して、もっていき、保っていたところに、今、自然に無理なくいれるのです。


そしてそれは、体型だけのことに留まらず、生活においても。


頑張らないといけない、ちゃんとしないといけない、良い母でいないといけない、仕事をしないといけない、休んではいけない…。


観念ワークを楽しんでできるようになってから、そうと思わずにとらわれていた思い込みが少しずつ剥がれ落ち、新しい自分になっていく感覚。


勿論、「私」そのものは無くさないままに。


とらわれていたところから抜け出していく度に、本来の自由を得て、身も心も軽やかになっている自分を感じ、とても生き(息)やすくなっています。



見た目にもずいぶん変化したけれど、もう一押し!のためのアーサナを2種教えていただきました。


4つ行動の約束をして、そのギフトは『Fool-child』


昨年末からの流れで、また一つの転換期を迎えることになったけれど、全てが必要なプロセスだったんだと、ヴィーナスコーチングを受けて、より明確に感じます。


帰宅後、行動の約束のひとつ、6月のホールセルフマンダラをひろげました。


行動の約束は、

「ヴィーナスコーチングのことについて、ブログを書く」→『Tower』

「長女が産まれる前に買ったビキニを着る」→『Emperor』



ヴィーナスコーチングも、残すところラスト1回。


最初になりたいと思い描いていた自分になれても、なれなくても、今はどちらもあるままに受け入れられる気がしています。


コメント
コメントする