calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

グラウンディングヨガ5期TT最終日。

昨日はグラウンディングヨガ5期TTの最終日でした。

水曜日は旦那さんに休みを取ってもらって私は仕事に行き、その間ここのを小児科に連れて行ってもらいました。

酸素の値は問題なかったらしいけど、まだ最低木曜日までは保育園は休ませた方がいいと言われたそう。

どうしても用事があるのに…とブツブツ言っていると、旦那さんはその日は咳もほとんど落ち着いていたし、木曜日は行かせてもいいんじゃないかと言ってくれました。

でも、もし木曜日に行かせたことで、またすぐ体調崩したりしたら…後悔するんじゃないか…。

正直、TTにどうしても行きたいのかどうか、わからなかった。

2回休んだことで、意を決して再受講した気持ちが沈んでしまった。

3期の時も講座を休んでしまったことがあって、今回は完璧にやり遂げたいという思いがあったのかも…。

でも、このまま最後まで休んでしまったら…。
まだ5期のメンバー誰とも打ち解けてない。
休んだまま、卒業レッスンの場に立つ自分は、納得できる自分なのか?

色んな思いがわいてきて、決めかねたまま朝を迎えた。

朝になって、ここのの熱はなく、咳もそんなに気になるほどは出ていない。
どうしても…と言うなら行かせられないことはないかも。

でも…どうにもこうにも自分で決められなくて、ボイジャータロットに訊いてみた。

TT最終日、行ったらどうなる?
→『Sorrow』
行かなかったらどうなる?→『Time-space』


他のメンバーがちゃんと進んでいる姿を目の当たりにしたくなかったのかな?
それで置いていかれた気分で悲しくなる?

家にいて、自分で向き合って課題に取り組む方が時間が有効に使えるのかも?

結局行きたくない自分に色々言い訳しているだけだったのかな…。

自分の中では今日は行かないことに決めて、はるさんに連絡を入れました。

迷っていることに、何が理由で迷っている
のか聞かれたけれど、自分の気持ちがよくわからない自分。

それを見透かされたように、はるさんに、四の五の言わずにとりあえず来なさい!と発破をかけられ、(こんな言い方じゃないですけど)行くことにしました。

行くとなると何故か体が軽くなり、さっきまでごねていた頭もシャッキリ、さっさと支度。

行く前に、今日の真実は?で引いたカードは、『Fool-child』


引く前にカードをくっていて取り落としてしまい、その時出たカードも『Fool-child』だったので、ぎょっとした。

落下する少年が飛ぶ鳥のように見えて、出かけてみたら『Fool-child』で飛べるかもしれないと思った。

最後のTT、駐車場で同期生のまゆみさんと一緒になり、嬉しかった。
3期受講から4期を再受講、そしてこの5期も再度聴講生として参加している彼女。
真摯にグラウンディングヨガに取り組む姿勢に、すごく支えられてきた。
今回も、一緒に受けれたことは本当に心強かった。

そして、はるさんのお宅に着いて、はるさんと、宏美先生が迎えてくれた時、来て良かったと胸がいっぱいになった。

何はなくとも、この3人に会うためだけに来たとしても、もう充分だと思った。

この3人と一緒に、学びたかったから5期を受けたんだ。

5期のTTでは、宏美先生が助手として入り、3回目と4回目は宏美先生の講義もありました。


TLTとして学び途中の宏美先生だけれど、助手として前に立たれる姿は輝いていて、ヨガを始める前、そしてグラウンディングヨガに出会ってからの先生を知っているのもあり、本当に感動しました。
きっと、私の変容を見守る先生も、同じような思いだったのかなと感じながら。

だから、その2回を受けられたことで、もう充分受け取っていたんだと気づいたのでした。

何も不安に思うことはなかった。
安心感に包まれて、とても満たされた時間でした。


この日は5期生4人で、全身調律メソッドをポーズごとに交代しながら誘導し、その後はるさんの、最後の最後に全てをぶつけるような太陽礼拝の誘導。

来て良かった〜!(2回目)

きっと休んで家にいたら、卒業レッスンの時に納得いく自分ではその場に立てなかった。
自分だけ、終われなかった中途半端な自分を引きずっていたと思う。

最後の日に参加したことで、講義を全て受けたか受けてないかじゃない何か大切なものを感じた。
ちゃんと区切りをつけることは大事なことだったんだな。

とにかくおいで、と言ってくれたはるさんに、心から感謝します。

午後からはお互いペアになったりしながら、誘導し合ってみたり、わからないところを確認したり。

3期の時と違って、他の受講生となかなか関わることがなかったので、嬉しかったな。

最後に、卒業レッスンまでの残り1週間をどう過ごすか?でボイジャーを引いた。

『Synthesis』


ちょいちょい見かける8番のカード。
今の私はバランスがよほどテーマらしい。
右脳と左脳の融合。
感じるままに上手くまとまれれば、そりゃ〜素晴らしいレッスンが出来るだろう。

卒業レッスンをしてからのギフトも引いてみた。

おっ…同じ…。

卒業レッスンする前も融合が必要で、卒業レッスン終えてからも融合が手に入る。

卒業レッスンまでの1週間で得たものが、卒業レッスンをしたことによって、確実に自分のものとなる感じ?

いよいよ、来週木曜日が卒業レッスン。

和泉さんの言われた通り、『Sorrow』のネガティブカードは、最後のTTに行くという行動をしたことでポジティブに。

前向きになった〜!

I can fly!

コメント
コメントする