calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

私のグラウンディングヨガ

10月20日に、つなぐるの赤星宏美こと、ひろちゃんのグラウンディングヨガレッスンを受けに行きました。


そのちょうど10日前。

10月10日をもって、目指していたグラウンディングヨガのマスターになることをやめました。


7月から始まったマスターのテスト講義。

「今度こそ、やり遂げる。マスターになる。」意気込む外側の自分とは裏腹に、心の中でやりたくないと訴えている自分がいました。

それでも、一旦絶った道をもう一度進むと決めたのは自分なんだから、やり遂げなければならない。

がっかりされたくないし、がっかりしたくない。

これだけ続けてきたんだから、中途半端でいたくない。


それらの観念から、やりたくないという本当の自分の気持ちに蓋をして、無理矢理お尻を叩き、やる気を起こさせ、どうにかマスターへの道にしがみつこうと、必死にもがいてみたけれど、体と行動は正直で、心から楽しいと笑えない、いつもいつも「やらなきゃいけない」があるから、眠りが浅くて夢ばかりみたり、勉強することを考えると瞼が痙攣したり…。

自分のレッスンさえ、楽しめなくなっていました。


そんな中、熊本から離れて答えを見つけるように、大分の地域へ足繁く通い、みっちゃんの勉強会に参加する中で、出てくる真実の自分。


それでもしつこく目を背けて、でもやりたいんです!グラウンディングヨガマスターになりたいんです!と、不健全な反骨精神でもって豪語する私に、はるさんが、一旦全てを0にしようと。

一切テキストも開かず、何もグラウンディングヨガのことを考えないでいいから、その間自分を洞察して、10月10日までに答えを聞かせて欲しいと言われました。


その後、泊まりで大分の勉強会、マクラメ編みに参加し、その翌日に行きたかった弊立神宮へ行き、長距離運転で無になる時間。

自分の行きたい場所、やりたいことに向ける時間。

涌き出てくる本当に意識を向けていく。

意識のメーターがあるとしたら、「やらない」「やる」で、針が大きく振れていたところから、だんだんと「やらない」に傾き始めていた。


「でも、やっぱり…」

どこかで自分を諦めたくない思いにしがみつき、答えを引き伸ばしていた。


「もう手放そう」本当に心からそう思えて、グラウンディングヨガマスターを目指すことに、未練を感じなくなったのは、7日に『魂うた』を受けてから。


何をしていても、何を考えても、どう生きていても、何を選んでも、私は私。


何者にもなる必要はなく、ただ居るだけで、本当にしたいことをして、私が私のために悦びを感じていけばいいんだって思えた日。


10日、はるさんに会い、 直接「グラウンディングヨガマスターになりません。」と伝えました。

ようやくはるさんを心からまっすぐ見れたし、笑顔で話せました。


今回、グラウンディングヨガマスターであるひろちゃんのレッスンを受けて、本当に心地好くて、楽しかった。


新バージョンの全身調律メソッド『Five Element』

天地人瞑想

リクエストした、ブロックを使っての胸腺と仙骨のポーズ。


何の無理もしていない、虚勢を張ることもしなくていい体と心に、沁みるレッスンでした。



ひろちゃんのグラウンディングヨガを受けてから引いた一枚は『Balance』で、ようやく私に還れたなぁって思った。


無限に循環して、私という宇宙へ還っていく。


魂うたのフィードバックを上げた朝、『Harmony』を引いたのを思い出した。


なかなか魂うたの記事を書けないでいたんだけど、一緒に魂うたを受けた香央理さんのフィードバックを読んで、凄く心動かされた。


そして、記事を上げたあとに『Harmony』を引いて、ふと、これが本当の『Harmony』だなと感じて、じんわり嬉しくなった。


ひとりひとりが、本当に自分を受け入れ、内側から輝いていく。

ひとりひとりが、自分の真実で生きていく。


人も、自然も、それぞれが違う生でもって、繋がり合っているこの世界が『Harmony』


コメント
コメントする