calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

AHA LABO

3年前、グラウンディングヨガTTでボイジャータロットに出会い、Stage1/Stage2を受講したのが2年前。


その時は、まだ何が何だかわからない。

カードを学んだものの、カードを表面上で受け取り、まだカードをツールに自分の体感に繋がり、気づいていくことが、本当には理解できていなかった。

(まだまだ、カードが見せてくれる私の真実に、疑いの目をもっていた感覚。


その頃はまだ、カードの学びのために、大分へ、名古屋へと足を運ぶようになる自分なんて、想像できなかった。



ボイジャータロットアルケミー勉強会から、AHA LABOと名を新たにした学びの場へ、行ってきました。


直前になって参加を決め、月曜日お仕事なのも考えて、けさちゃんに相乗りをお願いしました。


けさちゃんの運転に同乗させてもらうことはありつつも、ふたりっきりは初めてで、おかげで帰りも含めた道中、これまでのこと、現在のこと、これからのこと、色んな話ができました。


会場である別府のOhanaさんへ到着。


AHAのグループ投稿で繋がったりはしているけれど、なかなかリアルで会うことができないメンバーとの集いは、それだけで貴重。

それに、今回はみっちゃんが学ぶ側としての参加。

大分での和泉さんの勉強会には初参加な私にとっては、これもまたレアな体験。


皆が揃った場での、エネルギーの高まりを感じる。


ワクワクが始まる。


和泉さんの、「今日、一番持ち帰りたいものは?」と、「最近どうよ?」の問いかけから、自己紹介も兼ねて伝え合うことからスタート。


みっちゃんの勉強会も、「最近どうよ?」から始まるんだけど、いつも内心、なんで近況報告をするんだろう…?と思っていた。


でも、「最近どう?」「今日何を一番に知りたいか?」それだけでも、これまで顔を合わせたことも、深く話をしたこともない人達の、今のその人が背景に抱えているもの、一番課題となっていることを知ることができる。


それがその後のワークを深め、それぞれに共振したり、お互いの学びに繋がっていくのだと合点がいきました。


「最近どう?」を、顕在意識でカードに置き換えた後、実際に潜在的にカードは最近の私はどうなんだと言っているか、カードを引いていきました。


私は、5月の動きが大きく、『Tower』から『Star』へとyearサイクルの変化からも、新しいところへ向かう戸惑い、起こっている体感を表現することが難しく、色々滞りを感じていることから、顕在意識では『Stagnation』だと感じていた。


引いたカードは『Surfer』


どう解していいかわからないでいた私に、皆がこういうことなんじゃないかと見解を伝えてくれる。

「乗る波を待っているんじゃないか」という言葉が、しっくりと胸に落ちてくる。

そして、乗る波は大きくなければならないという概念を持っていた私にも気づけた。

今足元にさざ波立っているのも、波なんだ。

今、私はそんな波に乗っている。

小さな波でも、見過ごしたくない。

感じて、どんな波なのか味わいたい。


…ね、私ひとりだけでも、こんな感じですので、導入部だけでもかなり時間を要します。


あとおふたりを残し、皆のお腹が我慢できなくなったので、かよさんの美味しいランチをいただいた。



かよ飯体験は2度目。

味付けも多彩で、何でもないお惣菜のようなのに、どれも感動的に美味しい。

7月、熊本のStage1のお弁当を請けた私には、こちらも大いに学びになりました。


ランチ後、残すおふたりの「最近どうよ?」を聞く中で、ようやく今回のテキストも配られて、添いながらワークを進めました。


テキストのプラクティスのひとつ、ネガティブワーク。

「自分に最近起こったネガティビティ」について、顕在意識でカードを引き、そのことについて、お隣の人とシェアタイム。

そのネガティビティの裏側も見ていきます。


最後に、「最近起こったネガティブなことも含め、私が今向かおうとしている道への気付きとなるメッセージ」で、カードを引きました。


これは、今、私が何者なのかという、私の定義のひとつと捉え、一言で、自分は今、どういう定義を持つことを勧められているかをシェアし合い、カードワークだけに留まらない深く濃い内容の勉強会が終わりました。



ここずっと、やりたいのにできない、水面に浮かびたいのに、底の方でもがいているような…何だかわからない不安や焦りがあった。


こんな私でいいのかという自信のなさ。

自分への信頼が薄れていた。


けれど、LABOの中でグループ投稿のコメントについての、けさちゃんとみっちゃんのやりとりを聞いていて、みっちゃんが和泉さんにだだをこねる様子を見て、私のお肚の中のFool-Childがモジモジと動き出す。


私の中にある定義をもっと信頼していいんだって思えた。


少なくとも、AHAという素晴らしい学びの中では。


どんな私でも、どんな定義を持っていても、どんな振り幅なのかも、どんな表現なのかも、自由でいていい。


どんな自分になりたいのかも、もう「私」は知っている。

あとは自分の中に起こってくる衝動を「やる」だけなんだ。


AHAに出会えた巡り合わせ、分かち合える素晴らしい時間に、感謝と幸せを感じています。


コメント
コメントする