calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

島根旅

夫と末っ子を伴って、島根へ行って来ました。


どうしても、5月でTower yearからStar yearへと移り変わる私への結びのために。

そして、令和という時代を迎える最初の日に、この場所に立っていたかった。


出雲大社。


旅を意識したのは、水本晴美さんコーチの元、プロセスさせているアメイジングプログラムの最初の段階。


ヴィーナスコーチングで身体と意識を繋げて変遷していく体験から、観念から解き放たれ、身体も心も軽く、生きやすくなった。


プログラムが始まり、ゴールに何をもってくるかを決めた時、その時私が感じていた課題は、パートナーシップだった。


旦那さんと、上手くいっていないとか、嫌いだとか、そういうことではなく…これから先も人生を共に歩いていくパートナーとして、もっと魂レベルで繋がり合いたい。


それってどういう感覚?と聞かれても、体感覚だから、説明しようとすると難しいんだけど…。


ただ言うことをきく…とか、何でもわがままを聞いてくれる…とか、そういうことでもなく、私のやりたいことを理解して、そこに向けていける私を信頼して、応援してほしい。


『旦那さんと、ふたりで島根に旅行にいく』


それが、アメイジングプログラムが終わる5月までの目標でした。


勿論、ずっとそこに向かってプログラムを経てきたかというと、そうでもなく。

(そもそも決めた段階では、私もまだ実現できる私ではなく、できればいいなぁというくらいでした。)


途中で、旦那さんと一緒ではなく、ひとりでもいいかなぁと思ったり、家族皆で行きたいと思ったり、最後ぐらいにはもう、行かなくてもいいかなぐらいに思っていました。


今回じゃなくても、今年中に行ければいいかな…

いつか行ければいいかな…


でも、5月というタイミングで元号が『令和』に変わると決まった時から、やっぱり5月に島根に行きたいと決め、そこからまたわりと直前になって、旦那さんと一緒に行くことを決めました。


天草に預けきれなかった末っ子は、おまけ同行。



末っ子付きだけど、夫婦で旅行なんて、子どもができてからはなかったし、できるわけないと思っていました。


行ったことない場所へ行く怖さもあったし、今回車を使っての旅行、高速を初めて運転する怖さ、未知の距離に対する怖さ、(自分の旅のために)子ども達を預ける怖さ…。

たくさんの怖さがあり、旅を決めて宿を決めても、本当に行くまで実感できずに、本当に行けるのかわからなかった。



でも、それさえも、やってみなければわからない。



魂から涌き出た想いは、行動によって実行され、体感として身体に還ってくる。

そして、魂の経験として刻まれていく。


旦那さんとのパートナーシップを繋げたくて望んだ旅だったけれど、本当は一番私が私と繋がりたくて、この旅というプロセスを歩みたかった。


そして、そこで隣には旦那さんという存在に隣にいて欲しかったんだ。



自分でここまでプロセスさせたことで、本当の自分への信頼と自信に繋がった。


ありがとう。


そして、協力してくれた、支えてくれた周りにも


心からありがとう。


コメント
コメントする