みっちゃんの勉強会(ホールセルフマンダラ)

今日は5時前に起きて、夫の朝ごはんとお昼のお弁当、子ども達4人分のお昼を用意して、7時前に家を出発🚗💨


大分を目指しました。


春分に名称が変更された、The Art Of Human Alchemy(略称AHA)の認定コーチ、足立光枝さんこと、みっちゃんの勉強会へ。


アリシアさんにランチに行きたかったのだけど、勉強会へ赴くのもけっこうギリギリに決めたので、予約をしておらず、ランチ満席にてお断りされる。


まぁ、仕方ないよね…と、スコーンとカップケーキをテイクアウトして、会場に向かいました。


前回コンパルホールに来たときに、喫茶室があったのはチェック済みだったので、そちらに行ってみる。


注文して席についてから、引いていなかったカードを引く。


「今日の私は何者を生かす?」『Player』

行動の約束「今日参加のメンバーの似顔絵を描く」→『Harvest』



今日ここへ来たこと、それだけでも充分『Harvest』だと思った。

自分で自分を満たしていける。

そんな行動を自分で選んで、起こしていける。


ホットサンド、それだけだと思ってたのに、サラダが盛りっと付いていて、スープも!

これで360円くらいでした。


食したあとは、一番のりで会場へ。

今日はホールセルフマンダラをやる。


Stage2を受けたばかりの方もいるので、まず流れを説明。

説明を聞きながら、私はこっそりお絵描き…(笑)


今日から4月いっぱいのホールセルフマンダラ。


仕事の部分が『Narrowness』だったのを「作りたい理想の場所のイメージを絵に描く」で、『Lovers』に。


経済の部分が『Anger』だったのを、「「◯◯万円(創造した新たな場所で、稼ぎたい金額)稼ぐぞーー!!!」と、帰りの車の中で叫ぶ」で、『Seeker』に。


アクションで変わった『Lovers』と『Seeker』で、マンダラ全体の流れが良くなり、チャレンジカードよりチャレンジに感じていた『Courage』と『Reflection』が健全に働いてくる。

『Passion』や『Creativity』がより生きてくるように感じました。


みっちゃんの、大分のメンバーの熱量に触れて、自分の中の炎もまた焚き付けられた感覚。


アクションを立てること、アクションを実行することがチャレンジになっていたことへの気づき。



まずはスモールステップからでいい。

楽しみとワクワク、ユーモアをもって、まずはスキップするような軽やかさで、越えていけるアクションをやっていく。


そうしたら必然と、越えていくことが目の前にあり、越えていく流れになっていくんだ。


その時、その場所、集まるメンバーで起こっていくこと、流れ、共振、学び、得ていくものがある。


今日、この場にいれたこと、自分も学びの一部になれたことが嬉しかった。


子ども達を残して、そのための準備をして、自分で運転して、今日ここへ自分を向かわせたことで、得られたギフトは大きいと感じました。



大分最高〜✨

みっちゃん最高〜❤️

みんな、今日はありがとう😄


おまけで、みっちゃんとさおちゃんと、ごほうびタイム。



アリシアさんがどうしても諦められなくて、営業時間を調べたら、まだ行けそうな時間。

ランチがダメでも今なら入れるかも…!

今日は自分で運転してきたから、バスの時間を気にする必要もなく、すぐ帰る必要もない。


行ってみる!そう決めたら、みっちゃんとさおちゃんも一緒に来てくれた。


じんわりと染み入る美味しさの、スパイスティーと、リンゴのクランブルタルト。


あきらめなくて良かったぁ〜❤️


おかげで帰りの道中も、皆との時間を思い出し、自分の中に落とし込み、アクションで思いっきりFoolになりながら楽しく帰れました😄


大分、魂が熱く、温かく揺さぶられる場所。

また帰ってくるからね!


アクション✨✨


コメント
コメントする