calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

NegativityからのGrowth

「今日の私は何者を生きる?」

『Negativity』


昨日のカードも『Negativity』だった。


まだ越えられてない?

まぁ、しんどい体のまま眠りにつき、ただ朝を迎えただけ…越えられてはないのだろう。



『Negativity』の中の、今日はやたらと赤が目に入る。

Angerの赤色に感じる。


昨日のアクションの上書きのようだけど、今日は「赤色で五角形をシンボルとして書く」にした。

ギフトは『Purity』

真実を見る人の魂のカード。


さっそくシンボルを赤ペンで書いて、ヨガのレッスンへ。


昨夜眠りに就く前は体調が心配だった。

朝起きてしばらくは、喉の奥に痰がベッタリと張り付いたような感じだったけど、それが出てしまったらあとは調子が良くて、安心した。


レッスンも、現在TTを受けられている3名様全員のご参加で、自然と卒業レッスンを意識しながらの内容に。


3人共が、集まったところを初めて見たけれど、レッスンを終えてから、質問をしたり、お互いに励まし合ったりする姿を見ながら、このTTに参加しなければ出会わなかったかもしれない3人に、深い繋がりを感じました😌


三人三様…けれど、お互いが同じものに向かって、学び、共振して、成長、変容していく姿そのものが、グラウンディングヨガに見えました。



卒業後は、またそれぞれの道を歩んで行かれると思うけれど、もう繋がりは生まれているし、それはヨガだけでなくても、どんどん生かしていってほしいなぁと思うのです。

きっと卒業レッスン、素晴らしい時間になるだろうな😌


レッスンを終え、ふいに引きたくなり帰宅の車の中「今日のレッスンから受け取ったものは?」で、カードを引いてみた。


『Growth』


ずーんとお肚に何か入ってきた感覚。

それがじわっと優しく拡がった。

嬉しい…魂から。


経験を伝える、レッスンを伝える、「私」を出していくことで、私も成長させてもらっている。


皆さんの輝かんばかりの期待と希望に満ちたエネルギーに刺激され、私はこれからグラウンディングヨガの中でどう生きていきたいのか?無意識に問いかけていた。


ふと、先日朝の会で引いた『Equilibrium』が浮かび出てきた。

あの時、水面下で足をばたつかせて、必死にひとりでもがいてみるからいいんですって考えだったけれど、そうじゃない。


必死にもがいている足こそ、出していくべきじゃないか。

水面下でバタバタしながら、すまして大丈夫なふりしていたって、誰も気づかない。


どんな私も、もっと惜しみ無くさし出していこう。



午後からは、「今」『Negativity』を感じていることを意識して、それをクリアにしていくところに向かっていった。


病院の再受診。

おかげで花粉のアレルギーではないとわかった。

花粉の季節に怖さは感じなくて良さそう。

花粉症ではないと思い込ませたいだけなのかと思っていたけれど、事実が見えれば自分の感覚への信頼度も増す。


やっぱり職場へのアレルギーだ(笑)

他人から『Negativity』を引き起こされることに拒否反応が出ているのかも。


末っ子を早めに幼稚園からピックアップして、こちらも小児科へ連れていった。

駐車場の桜。

季節はもう芽吹きから開花へと向かっている。


娘の状態も、快癒傾向で一安心😌


帰宅後夕飯を作りながら、長女とちょっとした言い合いになった。

なかなか、母という自分には距離を置けない自分。

長女が登校するようになってから、長女との距離感が難しく、このところそりが合わない。

何か言えば反抗的な返しをしてくる娘に苛立つのも嫌で、距離をとりたい、もう何も口出さないと思っているのに、こちらがそういう意識だからか、余計に反発を生んでる気もする。


まだまだ、ニュートラルに娘と関わっていくのは、時間が必要だ。

私もまだ母としての学び途中。


自分を保てなくなりそうで、一旦家族のための食事を作ること、娘とも、距離をおくために、食事の支度を中断して、図書館へ。

明日の読み聞かせのための本を借りて帰った。


クロージング『Knower』

叡知は自分の手の中に既にある…。


『Negativity』を経験して、それを意識して行動し、越えていくことで磨かれた魂。

それがあることを、もう私の中の賢者は知っている。


コメント
コメントする