calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

母と娘の順調なブルース

結局、娘を放っておくことができずに、娘のことばかりに神経を使っていたなぁと気づいたここ数日。


でも、母であることを一生懸命やってみたから気づけた真実。


火曜日、長女は学校へ行って、会議室で1日を過ごしてきた。


その日に私はスクールカウンセラーの先生と、長女の担任の先生に会い、話をした。

スクールカウンセラーの先生は、娘に合わせて、徐々に様子を見ていこうといった感じ。


担任の先生は、どう対応していいか決めかねている。

来年度は別室で過ごすということも難しくなりそうなので、今は良くても2年生、3年生になってからのことが心配だと。


答えは出たようで出ない…。


親の私でさえ、もう娘にどうしてあげたらいいのかわからない。


うるさく言いたくないと思ったり、見守ろうと思う反面、わーっと歯がゆい気持ちがわいてきたり。


学校に行かなくたって、死にはしないと思おうとしても、やっぱり親だから…未来を先読みして不安になってしまう。


翌日水曜日、期末テストの娘。


朝から近所のお友だちに迎えに来てもらったが、ぐずってなかなか出ようとしない。

泣いているのを追いたてるように登校させた。


仕事を終え帰宅すると、今日は給食だけは教室に入れたと、明るい長女。

その代わり、いつも通り…というか、弟妹にぎゃあぎゃあとうるさく噛みつく娘に戻りつつあった。

自分のことは棚に上げて、いちいち妹・弟には口を出す。

いらない茶々を入れたり。


自分が弱り、学校に行けない引け目がある時は、弟妹にも優しく、お利口さんになるのに、手の平を返したようなこの態度に、いつも腹立たしくなる。


夜になって、まだ白紙の課題をパタンパタンと片付けて、2階に上がろうとする娘。


「もうやらないの?」「明日のテストの勉強じゃないの?」「やらなかったら明日のテスト、できないんじゃないの?」


土日に加え、金曜日と月曜日、2日間休んでいた間は、授業に出ない代わりにしっかり自分で勉強しておくように言っていたのに、していなかった娘。

教科書を見れば答えは書いてあるのに、調べて解こうともしていない娘に、猛烈に怒りがわいた。


私が教科書を見て、答えを示しても書こうとしないその態度にも。


やらない理由は、「早く寝ないと頭が痛くなるから」


はぁ!?だ。


これまで、1時2時まで起きていて、早く寝なさいと何度言われた?


そんな理由は通用しない。

早く寝ないと頭が痛くなるなら、休みの間に、会議室で勉強していた間にやっててよ!

やらないといけないことから逃げているだけじゃない。


信頼していたのに、裏切られた気分だった。


叱られて、私に背を向け泣きながらひととおり課題を終えて、0時過ぎに娘が2階に上がって行くまで、私もただ何も言わずに起きてそこにいた。


もう、やるだけやった。

もう、知らない。

もう、手放そう…。


そこにいて娘を見ながら、心底思った。


これまで、私の気持ちも汲んで今回の長女のことにもなるべく口を出さず、できることは協力して、見守ってくれていた夫が寝る前に言い放った、「馬鹿らしい」が私の中でもこだまする。


私は娘が、勉強をしたくない、学校に行きたくない、面倒臭い…ただそう思っていることを認めたくなくて。

この子は、学校で嫌なことを言われたから、嫌なことをされたから行きたくないのだ。

悩みがあって、学校へ行けない可哀想な子にしてしまって、あれやこれや気を遣って、世話を焼いていたんだ。


娘のことに真剣で、必死な母でいたかった。


自分のことを置き去りにして。


本当は、ずっと解放されたかった。


娘は娘、自分は自分で良かったのに、母だから…と、必死に寄り添おうとしてた。


13歳、『Death』yearの長女。

反抗期真っ盛り。

順調なのだ。

娘は娘を1分1秒の狂いもなく、娘を生きているだけ。


ならば、母でなければならない私を手放して、私も私を生きよう。


そう決めたとたん、ぐずついていた体の不調が、待ってましたとばかりにわぁっと出てきた。


頭も体も重く、目が痒い。

起きると目やにで目が開けられず、喉の奥には痰がたまっている。

鼻もムズムズ、鼻水も。


花粉症だと…まだ認めたくないけど、アレルギー症状だ。


これまで置き去りにしていた私を見つめて、ゆっくり癒していこう。



発芽玄米で作った甘酒で、豆乳甘酒ラテ。


みっちゃんの味わいには足りないけれど、自分に優しくの一歩にはちょうどいい😌


コメント
コメントする