レッスンの中で、本当の繋がり、私のバランスを体感する。

今日は桜木東コミュニティセンターでのグラウンディングヨガレッスンの日でした。



朝引いた「私は今日何者を生かすのか?」

『Synthesis』

バランスの8番思考のカード。


行動の約束は「レッスンの中で8秒間バランスのポーズを入れる」

あえて、何のポーズかは決めなかった。

その時の自分の感覚で、何を入れたくなるかは…それもバランスだと思ったから。


現在グラウンディングヨガTTを受講中の方が無料レッスンとして3名入る予定だったし、宏美さんも参加してくれることになっていたから、少し緊張していて…人数多いならカードワークは難しいかなと思っていたんだけど、朝からTT生お二人がキャンセルとなり、それも流れなんだと感じる中、支度して会場に向かいました。


運転しながら、瞑想のイメージが降りてくる。


レッスンを始めてからずっと同じようにグラウンディング瞑想を続けてきていて、今年に入ってから、少し変えていきたい感覚にもなっていました。

時々、こういう感じ…と、新たなイメージが出てきていたんだけど、それが今日具体的に繋がった感覚。


これだ!!と自分の中で新たな自分のものを産み出した瞬間、自分を凄く愛しく感じて抱き締めたくなりました。


私の新たな世界をお伝えできる。

ワクワクしながら会場を調え、自然光でできるように窓側にマットを引き、音楽も今日の感覚のものに変え、参加者をお出迎え。


ご参加が3名になったので、カードを引いていただきました。


何も示し合わせていないのに、そして初めて顔を合わせた3人なのに、それぞれに共振して、必然のものを引いているのを感じました。


宏美さんがいることで、最初は意識していたけれど、お会いした瞬間からそんな意識はふっ飛び、誰が来ても、私は私の世界を表現していけばいいという安定感。

そして、そこを邪魔するでもなく、過剰に関わろうとするでもなく、そっと優しく手を添えるような安心感を感じるレッスンになりました。


だからなのかな〜、バランスとれるかなぁって心配だった木のポーズも、しっくりとしたバランス感覚。

グラグラしても、委ねても大丈夫。

私自身なんだから。


宏美さんとの時間、本当に鳥肌が立つくらい嬉しくて、心地好くて。


お互いがお互いとして立っている上での、9番をも越えたところにあった『Lovers』


レッスン後、宏美さんとランチをご一緒しながら、これまで重ねてきた時間もあってこそ、辿り着いた今日のふたり、改めてカードって凄いね!私達って凄いね!と笑い合い、真実に向かうふたりだったからこそ得られた感覚に、喜び合った1日でした。



どんどん私に還っていく。

グラウンディングヨガとVTアルケミーのカードワークをツールとして、私を、あなたを、真実へと導いていきます。


宏美さんはグラウンディングヨガマスター。

ただグラウンディングヨガを自分のものとするだけじゃない、自分の真実へと向かっていくことで、心地好く自分を生きれるようになるグラウンディングヨガのTeacherTrainingも開催されます。


詳しくは宏美さんのブログから

https://tunaguru.exblog.jp/


コメント
コメントする