グラウンディングヨガTT再テスト。

今日は5期TT卒業レッスンの再テストの日でした。

この日が近まるにつれて、どうしたら良しとされるのか?
また納得いかないレッスンになったら?
全てをさらけ出さないとダメなのか?でも全てを出すなんて出来ない…。

色んなマイナスの思考が働いて、もう逃げたい。
1度やると決めた再テストだけど、やりたくない………。
そんな風に思うなんて、自分でもびっくり。

全然練習もしなかったし、テキストを読み返すこともなかったこの1ヶ月。

卒業レッスンの日は、自分以外の力に動かされた感じがあり、前に3人の誘導を受けてからの自分の番だったからというのもあり、その3人の良いエッセンスを取り込んで、自分の力以上の力が出せた感覚があり、それをフラットにしたくて、あえて何もせずに過ごした。

今の素の状態で、今、出せるものをただ出そう。

そう思って、再テストに向かいました。

同じく再テストだったおひとりのレッスンを受けて、共振しながらも、自分は自分でしかない、他の誰でもない私のレッスンをしたいという思いが強くなる。

私の番になり、皆の前に立った。
緊張してるつもりはなかったけれど、「緊張する〜〜!」と口に出してみたら、ほぐれている自分がいて、やっぱり緊張してたんだと気づいた。

「まさか、自分が再テストになるなんて…」話始めたら、はるさんに、もっと出してと言われて、「はるさんのバカ〜!」「なんで再テストなの〜!」

この1ヶ月、言いたくて、でも蓋をしていた気持ちだった。

出したらスッキリした。

うんうん…って納得していたつもりでいて、本当は悔しかったし、悲しかったし、何で認めてくれないの!?って思ってたんだ。

ひどい言葉だけど、はるさんなら受け止めてくれると思ったから、出せた。

突き放してくれたからこそ、この場がある。
今の私がいる。

その後に生まれた、新しい私の誘導。

呼吸で声を出したくなり、出した。
思いきって1度出したら、本当に自分の中からいらないものが出ていって、楽に息が出来た。
吸って吐いて、思うように出来ていると思っていたけど、本当には出来ていなかったんだ。

呼吸は、生まれて初めて行う、この世界と繋がるためのアクション。
産声のように、Fool-childになって、思いのまま声を出していいんだ。

グラウンディングヨガの誘導を、ボイジャータロットとからめて造っていきたい。
その私の野望の第一歩。
たどたどしいけど踏み出せた。

思いきって出した声、自分の声は好きじゃないし、震えていたかもしれない。
誘導としてはまだ不完全だし。
でも、それでもそこに、自分が今、伝えたいものがあった。

だから、呼吸のあとの誘導は、正直メタメタ。

卒業レッスンの時のが上手に出来たような…って気分になったのは、そのせいかな。




再テストも無事に終わり、合格も本当の合格に。

でも、まだまだこれから自分のグラウンディングヨガを創造していくことが始まったばかりだと思う。
今、自分が心から何を伝えたいのか。
伝えていくことに怖さはなくなった。

私は私の真実の道を。

ボイジャータロット「私は誰?」の体験会レポ。

今日は初めて、平日に新幹線を使って、まゆみさんと福岡へ行ってきました。

きっかけは、3月くらいにヨガの勉強会を我が家でしている時、Stage1の講座でご一緒した氷室ユリさんのボイジャータロット「私は誰?」の体験会に、行ってみたいね!という話から。

そこで話が盛り上がり、(私が無理矢理盛り上げた?)ユリさんにアポを取って、3人の都合が合う日を希望して、体験会を設定してもらい、今日の日となりました。

家族と一緒ではなく、単独で、新幹線で福岡まで…というのが、もう非日常。

普段が車移動に慣れきっている熊本県民の私達。
無事に福岡まで辿り着けるのか心配しつつ、熊本駅で待ち合わせ。

宏美先生もご一緒するはずでしたが、都合が悪くなってしまい、まゆみさんとふたりで。

福岡まで、 新幹線で40分ほど。
こんなに早いなんて!

駅ビルや周辺の都会ぶりに、いちいちまゆみさんとキャアキャアはしゃぐ(笑)

博多駅に着いたら、ユリさんのわかりやすい案内メールに従い、バスと徒歩で指定の場所まで。

『Star』がユリさんのお部屋へ導いてくれました。

ちゃんとお仕事場があるのが格好良い。

今回体験した「私は誰?」というカードワーク。



ユリさんと私とまゆみさんの3人で、3クールするために、ボイジャータロットから9枚をそれぞれ選び出し、その中から、ユリさんにあげる1枚、まゆみさんにあげる1枚、そして自分にあげる1枚を、伏せたま取り、めくったカードの印象から、「あなたは〜な人です」と、言葉を添えて渡すというゲームのようなワーク。



3クールなので、3回繰り返しました。

そして、私が受け取ったカードはこちら。




『Break throgh』
あなたは何事も突破していける人です。

『Priestess』
あなたが真実と思っていることを真実と受け止めていい。

『Reward』
私は自分のしたことにちゃんと報酬を受け取っていい人です。

『Strength』
あなたはもっと自分の中の官能性を出していい人です。

『Fulfillment』
あなたはこれまで培ってきたもの全てを受け取れる人です。

『Sorrow』
私は悲しみをも自分の強さに変えていける人です。

『Hanged Man』
あなたはもう運命に全てを委ねていい。
(何もしなくても最善な方へいく)

『Stagnation』
必ず動き出す。
感情の中のバランスをとっていける。

『Time-space』
すでに次のサイクルの種まきは始まっている。

自分が受け取った9枚のカード、他人が引いたものでも、今の自分に何故か当てはまってくるところが面白い。

大アルカナでは何が出ているか?

数字は何が多く出ているか?

思考、感情、行動、魂では、何が多く出ているか?

色んな方向から出たカードを見て、今の自分を知っていく。

しっかりカード、受けとりました!

もうStage1を学んだ私達だからと、間間でミニ講座が挟まれるのも楽しい(^-^)

ユリさんの解説がわかりやすくて面白くて、いつか機会があれば、ユリさんのStage1も受けたいと思ったのでした。

ものづくりワークショップも楽しそう!

もうユリさんのところまで、迷わず行ける自信は出来たし、福岡がいつでも行ける感覚になれたのは、嬉しいことでした。

いつまでもお話していたかったけれど、新幹線の時間もあり、おいとまして、博多駅に戻り、お昼を食べて、お土産買って、帰路につきました。

あっという間の福岡でした。
本当に楽しかった〜(*≧∀≦*)

宏美先生と私。

懐かしいな。



まだグラウンディングヨガに出会う前の私。

お隣に写る宏美先生が、伝えて下さったもの。

そのおかげで、今の私がいる。

グラウンディングヨガ5期TTを終えてから、ちょっと前まで何となく沈んだ日々を過ごしていました。

卒業レッスンで合格…けれど再テストを告げられ、納得したようでやっぱりどこか納得してないモヤモヤ。

しばらくしてから出てきました。

もう5期を受けただけでも充分なチャレンジだったんじゃないの?

自分自身の学びに、終わりはないのはわかってる。

でも、どこまでやったら……途方に暮れてしまった。

子ども達が春休みに入ったタイミングで、朝から朝ごはんと夫のお弁当に加え、子ども達3人のお昼ごはんの用意。

バタバタとあわただしく出かけ、帰って来たら一息つく間もなく片付けや夕飯の支度。

春休みに入って数日で、もうクタクタだった。

仕事じゃない日は自分の予定もあり、子ども達に全くかまえない日々にも罪悪感。

だから、宏美先生のTLT卒業レッスンを兼ねてTTの講義があると聞いた時、凄く迷った。

受けたい気持ちはあった。
3期から5期、私のTTを見守ってくれた宏美先生を、今度は私が見届けたい。

5期で受けれなかった部分の講義も受けたいし…。

でも、3月に5期TTが終わったばかりなのに、また?

自分も5月からレッスンを始めるというのに、更に講義を入れると、休みに余裕がなくなってしまう。

また子ども達にも目を向けられないんじゃないか。

受ける…受けない…。

そんな迷いの中、まゆみさんのヨガを受けた時に、ボイジャーを引いて聞いてみた。
宏美先生の講義を受けたら得られるものは?
『Surfer』

のっていい波が来ているのを感じる。
…けれど、のれなかった。

その時に私が出した答えは、やはり受けないという選択。

また再聴講するなら、自分のレッスンをしてみてからでいいんじゃないか。
今回じゃなくても、また次に受ければいい。

そう決めた。

決めたはずなのに…まだずっと心はモヤモヤしていて、苦しかった。

モヤモヤを脱したくて、「ブログに5月から自分のレッスンを始めることを書く」ことを行動の約束にして、
ギフトは『Hermit』

もうその時は来ている。

そして行動の約束をしてからの今週。
急にモヤが晴れたように、気持ちが上向きになった。

まだ自分のしたいことをし始めて、1年半くらいじゃないか。

それまではずっと、自分の価値を子育てに見出だそうとして、子どもを産んでは育て、産んでは育て…それに精一杯だった。

だからと言って、それで自分のこれまでの人生を奪われたということではなくて、それがこれまでの私には最良の生き方だったんだろうけど。

でも、私は別の生き方に出会ってしまった。

それに今度は全力で向かって、何が悪いのか。

お金も、時間も、私が私のために作ったんだから、それを使って、何が悪いの。

色々理由をつけて、自分で制限をかけて、受けたくない頭にしようとしていた。
自分の心はもうわかっていたのに。

講義を受けたい。

付き合いが長いからとか、見届けるとか、そんなんじゃなく、ただ、私が受けたいから。

全部じゃなくてもいい。
5期で受けれなかった部分だけでも。

講義の場とはいえ、週に1度、相談したり
アドバイスを受けられる機会が必ずあるということは、とても心強い。

受けることで、仕事と、自分のレッスンと、バランスを取っていける気がする。
まだ人生これからなのに、たったそのうちの3ヶ月、そこに自分を注いだとして、何も無駄にはならない。

また先に受けれる機会があるかもしれない。
でも、この3ヶ月は、今しかない。


改めて、宏美先生の講義を受けると決めました。
得られるものは?
『Passion』


5月が楽しみだ。

…の前に、再テストも( ̄∇ ̄;)

グラウンディングヨガレッスンを始めます。

前記事より、だいぶ間が空いてしまいました。

グラウンディングヨガ5期のTT、卒業レッスンを終えて、面談を終えました。

一応講座を修了はしたのですが、再テストを控えております。

…というのが、現在。

3期、そして5期と、TTを受けたからといって、何かが大きく変わるとは思ってなかったし、特に変えようとも思ってませんでした。
TTを受けた最初の動機は自分のためだったし、卒業してからも、自分がクラスを持つなんて、とんでもないと思っていたのです。

けれど5期TTを終えて、決めました。

5月から、はるさんが開講されていたヨガ入門のクラスを引き継ぐ形で、グラウンディングヨガのレッスンを始めます。

もう形あるものを引き継ぐプレッシャーもありますが、それでもやりたいと思った。

この、グラウンディングヨガで私が受け取ったもの、感じたものを、伝えたい。

まずはそれだけ。

最初は全てが手探りだし、受け取ってもらえるかわからない、伝わるかわからないけれど、自分のやりたいようにやってみたい。

詳しくはまた告知しますが、概要は…

場所は、桜木東コミュニティセンター 多目的ホールにて。

水曜日(月3回)
10時〜11時40分

5400円のお月謝制です。

グラウンディングヨガ5期TT卒業レッスン。

今日はグラウンディングヨガのTT卒業レッスンでした。

早くに寝たわけではないのに、心地よい目覚めの朝。

引いたカードは、『Star』



このカードの通り、今日の私は神がかっていたと、自分では思います。



もちろん、誘導を言い間違えたり、規定時間をオーバーしてしまったり…。
完璧に出来たわけじゃないけど。

完璧にするつもりも初めからなかったし、他のメンバー3人の誘導を受けた後、ちょっと自信喪失していました。

私にはこんな風に出来ないって。

皆、卒業レッスンとは思えない、素晴らしいレッスンをするんだもん( ̄∇ ̄;)

けれど、最後に自分の番になり、前に出た時には不思議と心穏やかで、思っていた言葉が出なくても、間違えても、その瞬間瞬間の自分の最善を尽くしているのだから、何も問題はないと思え、時間が足りないと気付いても、最後まで精一杯やりきったことに満足していました。

出てこないかもしれないと思っていた言葉はスルスルと出てきて、自分じゃない力が働いている感覚。
思っていた以上の力が出せたと思っています。

きっと、他のメンバーの誘導を受けた後だったからというのも大きい。
皆のおかげで、あの時間でよりステップアップ出来たし、だからこそ自分の最大限の力が発揮出来たと思っています。

もし順番が違っていたら、同じように出来た気がしません。

ありがとう、ありがとう。

5期の受講を承諾してくれたはるさんに、TLTとして、見守ってくれていた宏美先生に、ずっと支えてくれたまゆみさんに、一緒に学んできた5期生のユミさん、ユイさん、リナさんに。

再聴講してくれたはむちゃんとくみこさんに。

心から、感謝しています。

色んな思いがあったけれど、全部ひっくるめて最高の1日でした。


自分へのご褒美に、自分の食べたい、好きなご飯を作る。
唐揚げは子ども用だけど。


4時間卒業レッスン受けて、頭が酩酊状態。
今日はちょっとおかしなテンションになっております。

| 1/8PAGES | >>