8月のホールセルフマンダラ。

2017年…夏休みに入り、1週間。

仕事を始めたばかりで、常にいっぱいいっぱいだった去年の夏休みよりは、なんとなく自分のペースも大事にしながら過ごせている気がするこの頃。

けれど、毎日のヨガや、タロットは出来ていないなぁ…。

TLTを受けないと決めて、そこからまた新たな自分なりの道を進むつもりだったのに、何やら止まってしまっているような感覚。

私、結局何がしたいのか?
どうなりたいのか?

『今』の自分を見つめるために、夏至ぶりに、8月いっぱいまでのホールセルフマンダラをしてみました。



思考に『Confusion』
行動に『Setback』
縦に並んだチャレンジカードが、正に今の自分の体感覚を教えてくれているようだと感じました。

なんとなく、自分の中で微かに感じる思考のぶつかり合い。
進めていない感覚…。

でも、魂の『Growth』は素直に嬉しかった。

すぐに誰かや何かと比較して、苦しくなってしまう自分。
自分だけ、何も変わっていないんじゃないか、結局成長していないんじゃないか、おいていかれている感…。

でも、ちゃんと魂は磨かれて輝いているし、確実に変わっているものが自分の中にあると感じました。

行動の約束。
「TLを目指す皆が卒業する頃、自分はどんな風になっていたいか目標を書く」で、『Confusion』を『Seer』に。

あとひとつ。
「何故、グラウンディングヨガを人に伝えたいと思うまでにやりたいと思ったのか…そのきっかけになった気付きをつづった記事を探して読み返す」で、『Setback』を『Illumination』に。

8月はじっくりと、どんな自分にこれからなっていきたいのか、これから何をしたいのか。
自分を高みから見つめて、ビジョンをクリアに。
まずそうすることから、新しい世界が広がりそうな予感です。



行動の約束で探した記事は、2年前の今頃のもの。
初心を思い出すために、ここにも記しておきます。↓↓

先日のグラウンディングヨガのレッスンの時、先生と私とマンツーマンでのレッスンだったので、レッスンしながら、授乳しながら、色々なお話をしました。

なかなかこんなにゆっくり先生とお話をする機会もないと思い、6月の初め、グラウンディングヨガのベビママクラス初回の日に先生がある質問をされた時に、とても自分の意識が変わったのを感じたので、それをお話ししたんです。

その頃の私は、4人目のここのが生まれてから毎日、日々を過ごすだけで精一杯。
自分のことは後回しで、産後の身体が戻らなかろうが、肌が荒れようが、寝不足になろうが、疲れ果てようが、そんなのお構いなしに子ども達は毎日ごはんを食べ、服を汚し、部屋を散らかし、ケンカをし、病気になり…子ども達のことにがんじがらめになって、自分のことは何も出来なくて、何でこんなに毎日穏やかでいれないんだろう?何で毎日イライラしてるんだろう?自分で望んで今の家族があるのに、何でストレスを感じているのか、こんなに苦しいのかと思っていました。

6月にベビママクラスが始まる前から、少しずつ レッスンに復帰して参加するようになり、自分の時間をつくることで少し心に余裕が生まれて、色々前向きに取り組めるようになっていたところに、先生からの質問がありました。

それは、皆さんの夢は何ですか?それにかかる費用や他の人がどう思うか関係なく、5年後の自分を考えた時に、どうなっていたいか。
そうなるために今何をしていけばいいか〜?…というような質問だったと思うんですが、それを聞いた時、すごく目の前が拓けた気がしました。

今は日々目の前のことに追われて、いっぱいいっぱいだけど、5年後、10年後…その時はそれぞれ子ども達も成長していて、私の手を離れてる。
ともすれば私を助けてくれる存在になっているかもしれない。

私にも何となく、こんなこと出来たらいいな、こんなことを仕事に出来たら素敵だなと思うことはあっても、いろんな意味でそれは実現不可能な夢で、叶えたいという思いを持つことさえ無理なんだって思っていました。
自分で蓋をして諦めていました。
そのくせ、子育てしながら仕事をして、頑張っているママさん達がキラキラ眩しく、羨ましく見えたり…。

そうやってネガティブな感情でモヤモヤしていた時に、その質問を聞いて、自分も夢をもってていいんだ。
それを叶えるのは5年後10年後でもいい。
人を羨むのはやめよう。
今の状態がずっと続くわけではないんだから、5年後、10年後、素敵な自分になれているように、今目の前のことを必死にやっていたら、きっと一番良い形で自分のやりたいことが出来るときが巡ってくるんだって思ったんです。

今までも頭の中ではずっとモヤモヤ考えていたんだけれど、その時雲が晴れたみたいにクリアになって、ストンと心の中に落ちてきた感覚。
今の自分で今は充分、目の前にあることにしっかり向き合って、今を大切にしようって。
その時が、今の自分を認めてあげようって思った瞬間、意識が変わった瞬間だったと思います。

そういうことに気づけた時って、何でもっと早くその事に気づかなかったんだろうとか、早い段階で気づけていたら、もっと違う今があったかもしれないとか、こんなこと、他の人は簡単に気づいてるんだろうな〜、バカだな自分…とか思ってしまうけど、気づくまでの過程も必要だったんだということ、その過程や気づくタイミングがあったから、今の自分があるんだなって、今は思えます。






最近、グラウンディングヨガに出会った頃の、この気持ちが薄れていた。

もう、誰かを羨んだり比べたりして、自分で自分を苦しめなくていい。

私は私の最善の道を進んでいるから。

Voyager Tarot®Alchemy STAGE.2

4月27日、28日の2日間で、ボイジャータロットの講座stage2を受けました。

1月にstage1を受けた時は、ボイジャータロットの基礎を凝縮して2日間でぎゅぎゅぎゅっと詰め込んだ感じで、話を聞くのにいっぱいいっぱい。
タロットの端っこも掴めた気がしなかったけれど、それからの3ヶ月ほど、自分の日常に少しずつカードを取り入れていくことで、少しずつ、カードワークが深まっていくのが面白かった。

占いとして使うのではないので、結局答えをもっているのは自分自身なんだけれど、だからこそ、自分の中にある全てを表したカードが、凄くクリアに潜在意識を出してくれる。
自分が今何を必要としているのか?
どういう答えを自分がもっているのか?
何に気づくべきか?
考えているだけではモヤ〜っとしていることが、明確になって浮かび上がるのです。

stage1を受けてからの3ヶ月は、ちょうどグラウンディングヨガ5期のTTを受けていたのも重なり、本当にタロットに助けられました。

カードがサポートになり、いつも自分の真実に気づかせてくれたから、今、自分の選択で自分を生きている気がします。

27日、stage1とはちょっと違うヒーローズジャーニーを習いました。

「5月からのヨガレッスン、魅力あるレッスンが出来る私になるためのヒーローズジャーニー」


現状は?
『Purity』
静かに輝いているものが自分に中にある感じ。

行くべき方向性は?
『Moon』
潜在意識に届かせていく、暗闇を包む大きな光。

乗り越えるべきチャレンジは?
『Confusion』
6番は他者との関係性でもある…既にあるクラスの生徒さんにどう伝えていくか混乱する?

サポートになるものは?
『Player』
生徒さんにどう思われるかよりは、まず自分が場を楽しむことかなと思いました。

このヒーローズジャーニーを元に、2日目は、この4枚のカードを使って物語を作ったり…。


選択のカードワークをしたり。



ホールセルフマンダラをしたり。



実践盛りだくさんで、本当にあっという間の楽しい2日間でした。

私は誰?ゲームまでは、その後の予定があり参加出来なかったのだけど、先日ユリさんのところで体験させてもらっていたので、後ろ髪引かれることなく出てくることが出来ました。

本当にカードワークは深くて、理論もまだまだ掘り下げたらきりがないんだろうけれど、それよりもまず、実践。

カードに触れて、自分でそのカードから気づいていくものが積み重なり、この道を深めていくんだと思います。

忙しいとなかなか、1日1枚引くことさえ遠ざかってしまうけど、自分に意識的でいるために、カードに触れていきたいと思います。

5月からのヨガレッスンには前後にカード1枚引きがつくので、図らずもセッションを始めることになります。
そちらにとっても、stage2まで受けれたことは、素晴らしい学びになりました(^-^)

昨日、選択のカードワークでした、行動の約束は「欲しい物(Blancaさんの砂時計)を買う」



ゲットしてきました(*^^*)

ファントム入りのレムリアンシードクリスタルも、衝動買いしてしまったけれど、やっぱり『Fulfillment』でした(*≧∀≦*)

ボイジャータロット「私は誰?」の体験会レポ。

今日は初めて、平日に新幹線を使って、まゆみさんと福岡へ行ってきました。

きっかけは、3月くらいにヨガの勉強会を我が家でしている時、Stage1の講座でご一緒した氷室ユリさんのボイジャータロット「私は誰?」の体験会に、行ってみたいね!という話から。

そこで話が盛り上がり、(私が無理矢理盛り上げた?)ユリさんにアポを取って、3人の都合が合う日を希望して、体験会を設定してもらい、今日の日となりました。

家族と一緒ではなく、単独で、新幹線で福岡まで…というのが、もう非日常。

普段が車移動に慣れきっている熊本県民の私達。
無事に福岡まで辿り着けるのか心配しつつ、熊本駅で待ち合わせ。

宏美先生もご一緒するはずでしたが、都合が悪くなってしまい、まゆみさんとふたりで。

福岡まで、 新幹線で40分ほど。
こんなに早いなんて!

駅ビルや周辺の都会ぶりに、いちいちまゆみさんとキャアキャアはしゃぐ(笑)

博多駅に着いたら、ユリさんのわかりやすい案内メールに従い、バスと徒歩で指定の場所まで。

『Star』がユリさんのお部屋へ導いてくれました。

ちゃんとお仕事場があるのが格好良い。

今回体験した「私は誰?」というカードワーク。



ユリさんと私とまゆみさんの3人で、3クールするために、ボイジャータロットから9枚をそれぞれ選び出し、その中から、ユリさんにあげる1枚、まゆみさんにあげる1枚、そして自分にあげる1枚を、伏せたま取り、めくったカードの印象から、「あなたは〜な人です」と、言葉を添えて渡すというゲームのようなワーク。



3クールなので、3回繰り返しました。

そして、私が受け取ったカードはこちら。




『Break throgh』
あなたは何事も突破していける人です。

『Priestess』
あなたが真実と思っていることを真実と受け止めていい。

『Reward』
私は自分のしたことにちゃんと報酬を受け取っていい人です。

『Strength』
あなたはもっと自分の中の官能性を出していい人です。

『Fulfillment』
あなたはこれまで培ってきたもの全てを受け取れる人です。

『Sorrow』
私は悲しみをも自分の強さに変えていける人です。

『Hanged Man』
あなたはもう運命に全てを委ねていい。
(何もしなくても最善な方へいく)

『Stagnation』
必ず動き出す。
感情の中のバランスをとっていける。

『Time-space』
すでに次のサイクルの種まきは始まっている。

自分が受け取った9枚のカード、他人が引いたものでも、今の自分に何故か当てはまってくるところが面白い。

大アルカナでは何が出ているか?

数字は何が多く出ているか?

思考、感情、行動、魂では、何が多く出ているか?

色んな方向から出たカードを見て、今の自分を知っていく。

しっかりカード、受けとりました!

もうStage1を学んだ私達だからと、間間でミニ講座が挟まれるのも楽しい(^-^)

ユリさんの解説がわかりやすくて面白くて、いつか機会があれば、ユリさんのStage1も受けたいと思ったのでした。

ものづくりワークショップも楽しそう!

もうユリさんのところまで、迷わず行ける自信は出来たし、福岡がいつでも行ける感覚になれたのは、嬉しいことでした。

いつまでもお話していたかったけれど、新幹線の時間もあり、おいとまして、博多駅に戻り、お昼を食べて、お土産買って、帰路につきました。

あっという間の福岡でした。
本当に楽しかった〜(*≧∀≦*)

VOYAGER TAROT ALCHEMYstage1

1月20日と21日の2日間で、ボイジャータロット®のbasic講座を受けました。

はるさんのところに通うようになってから、ちょいちょい触れてきたボイジャータロット®。

タロットカード=占いと思っていたけれど、全然違う。

カードが示すものは、良い悪いのジャッジや、どうなるのか答えを教えてくれるものではなく、全て自分の中にあるものを引き出してくれるのです。

セッションを受けるたびにその魅力に引き込まれ、もっと深く知りたい。
自分でもカードを扱えるようになりたいと思い、今回講座に参加しました。

Facebookなどのはるさんの投稿で拝見していた、日本でのボイジャータロット®の先駆者、橋本和泉さん。

もう、私にとっては手の届かないところにいるような方だったのに、目の前にいる!ことに感動しっぱなしでした。

ご一緒したのは、TTのメンバーと他に、こちらもお顔だけはネット上で拝見していた氷室ユリさんと、まりこさん。
(残念ながら、お先に帰られたまりこさんとは一緒に写れませんでした(T-T))



この集ったメンバーにも、必然の流れや意味がある。

特に、ネット上で存在だけを認知していた和泉さんとユリさんは、私にとったら、どこか厳しいような、距離を保って関わらないといけないような。
打ち解けられないような存在だったのですが、実際お会いして、お二方ともとても温かい優しさや強さ…包容力かな…を感じました。

講座は本当に楽しかったけれど、とても大きな概念を持つものを掴もうとするそれは、私には難しく感じられる部分もあり、その場についていくのにいっぱいいっぱい。

和泉さんの問いかけに、上手く答えようとして、答えられない自分…。



講座の終わりに、自分でヒーローズジャーニーのレイアウトをしてみた。

旦那さんとより深く解り合うために、どうしたらいいか。


最初、現状を表すものと行くべき方向性が逆なように感じたけれど、ユリさんにアドバイス受けながら、実は自分にとってネックになっていたことを紐解き出した。

後退してみることで、以前の私がしてきたことが、旦那さんに対する引け目になっているんだと感じた。

サポートのカードのモーガンフリーマンなおじさんは、「大丈夫だよ」と力強く言ってくれて、昔の自分に囚われず、素直に自分の気持ちを伝えていく勇気をもらえました。

2日間、終えてからの今は、とにかく実践して、カードの繋がりや自然と見出だされるものとの対話を楽しみながら、少しずつ、掴んでいくしかないのかなと思っています。

まだ扉を開けたばかり。

入り口に立ったまま、どうしていいかわからない感じだけれど、色んな自分と対話していくことを、楽しんでいこうと思います。



行動の約束をちゃんと遂行し、ギフト受け取りました(*^^*)

| 1/1PAGES |