8月のホールセルフマンダラ

「今日の私の真実は?」『Stagnation』

8Cups…8番の感情のカード。

停滞を表すカードです。

自分の中でのバランスを重んじるが故に、言いたいことが言えていなかったり、やりたいことがやれていなかったりして、感情が留まっている状態。


ここずっと、行動としてはやりたいことを現実にして、動いている…はず。

なのに、『Stagnation』が出て、モヤァっとした。


カードに、「本当にそれでいいの?」って聞かれているみたい。

また…自分の中で、納得できていないのに納得しようとして、消化しようと無理矢理飲み込んで、押し留めようとしていたことあるよねぇ。


とにかく、滞っているものをアクションで動かしたくて、お花と渦巻き模様が目に入ったことから「お花でカップの中の水をグルグル混ぜる」→ギフト『Trust』


あぁ…やっぱり。

伝えられなかったことを、伝えよう。

カードが、そう思えるきっかけになってくれました。



今日は、はるさんのボイジャータロットの勉強会。

大アルカナ11番〜21番の復習の予定だったのだけど、参加者が私しかおらず、何かの計らいかマンツーマンに。


一対一なので、予定していた勉強会ではなく、ちょっとこのカード分かりづらい…というカードについてでもいいし、セッションみたくしてもいいよと言われて、今月に入ってまだ、並べられていなかった8月のホールセルフマンダラのレイアウトをすることに。


月々並べても、ひとりじゃ流れが分かりづらいこともあるので、正直嬉しかったです。


8月のホールセルフマンダラ。


ある意味パワフル(?)な、縦に並んだチャレンジカード達。


『Fear』

8月は色んなチャレンジを新たに経験してきて、そしていよいよ15日には1dayカフェを開く予定。

ただやりたい気持ちから、ワクワクしかなかったものが、だんだん現実化し、怖さも出てきていないと言ったら嘘になる。

上手くいかなかったらどうしよう?

誰も来なかったら?

恐れを乗り越えて動かなければ、何も成し遂げられない…でも、怖い。


次に出てきた魂の『Compassion』が、素直に嬉しく、ホッとした。

私を包み込み、優しく大丈夫と支えてくれる手。

創造の虹と、変容の蝶。

私は私の作り出すもので、世界を変えられることを魂では知っているよ〜って感じ。


思考が『Delusion』

手前のキラキラしたクリスタルだけが、やたら前に見えて、遠くの光は浮き出したり遠ざかったり、不安定に見える。

10番の思考。

今までのパターンを突き抜けて、考えの桁を上げていく必要がある時。

これまでは出来ないと思っていたことも、出来る自分にしていく。


行動が『Setback』

ここまできて後退って( ̄▽ ̄;)

字面には、はぁ?と思ったけれど、5つの地球がわ〜っと勢いづいて前に出てきてるように見えて、後ろには『Fear』にもあった虹。

いつもは好きじゃないカードだけど、今日はそんなに嫌な感じには見えなかった。

新たなステージに向かうために、必要な経験をしていくチャンスを与えられている。


そして、最後に出たチャレンジカードは、『Dullness』

ん〜…見たくないけど、そこに確かにあるって感じ。

お盆中、旦那さんはお休みなのに私は仕事で、唯一のお休みはカフェにあててしまった。

また迷惑かけてしまう?

(この、「迷惑をかけてしまっている」も、私の思考なんだけどね。)

子ども達任せておくのも気が引ける。

せっかくのお休みなのに、全然家族で過ごせないなんて…。

勢いにのって、自分のやりたいことを全力で楽しみたいのに、そんな思考があって、邪魔してる…わけじゃないけど、何かつかえている。

そんな感覚。



『Master』『Hermit』『Growth』など、思いきって今やりたいことを達成したら届きそうなところへ向けて流れを良くするために、行動の約束を考えました。


一番詰まりを感じたのは、『Dullness』

何かお願いするときに、旦那さんにしてあげたいことって何かと聞かれ、お酒は飲まない代わりに旦那さんがチョコレートが好きなのと、カードの茶色い岩がそう見えたので、「チョコレート入りのパンを焼く」


パンを焼く…というのも、『Delusion』や『Growth』という10番のカード、また、『Master』『Hermit』が出たところから、今まで考えていたことより、何か桁上がりなことをする必要があるんじゃないか、また『Setback』で、立ち返ってみる…と考えた時に、パンを自分で焼くというのが浮かんできていて…。


パンを生地から作って焼くのは、何故かずっとハードルが高いと思っていて、ホームベーカリーでしか焼いたことがなく、自分には無理と思っていました。


カフェで出すサンドイッチのパンも、試作ではホームベーカリーで焼いてみたけど、焼きたては良くてもそんなに美味しくなくて…前の日は仕事で、自分で焼くとしてもそんな時間がない気がする(((^_^;)

ここは他人に頼ろう=お店で買おうと思っていました。


でも、このマンダラを開いてみて、意外と出来るんじゃないか?という気持ちが湧いてきて、とりあえず、カフェで使う/使わないは別として、やってみることにしました。


そのギフトは『Preserver』

結果より、プロセスを大切にする『Preserver』

結果どう転ぶかわからないけど、やってみる価値はある気がしました。


そして、『Fear』を越えるために、その出来上がったチョコ入りのパン、上手くいっても失敗しても、「家族に食べてもらって感想を言ってもらう」アクションで、ギフトは『Courage』

『Fear』と7番繋がり。

恐れの対にある勇気。

この先また何かにチャレンジする時、また出てくるであろう恐れ。

ここで乗り越えて勇気を得たいと思いました。


行動の『Setback』

「迷惑をかけるかもしれない」など、家族へのネガティブな思いを越えていくために、「私がやりたいことをやっている時に出てくる、主人(家族)に対する観念を5つ書き出す」

ギフトは『Moon』


Moonかぁ…大アルカナは抽象的でちょっとわかりにくい。

パートナーシップに繋がってるし…。

何かお願いする時、家族と別々に行動する時、つい陥ってしまいがちな思考パターンをクリアにして、これから先のためにも越えていく部分なのかもしれない。


最後は『Delusion』

「いつかやりたい」という、漠然とした思いをずっと抱えていたけど、何をしたいのか、どんな風に生きたいのか明確になっていなくて、『Magician』としての質をもて余してた。

でも、ここにきてようやく具現化し始めている。

夢を夢で終わらせずに、現実にしていくためにする行動の約束は、「実現したい夢を旦那さんに話す」

ギフトは『Change』


前にも「カフェをやりたい」という話はしたことがあったけど、何も具体的には言えてないし、いつかね〜っていう、夢物語を語った感じでした。


その時とはまた意識も変わって、より具体化し、実際に行動している。

そこでの私の夢を、旦那さんに聞いてほしい。

一番に、応援して力になって欲しい人だから。


最初に出た流れも感じながら…行動していくことで、この先を見据えた変化や成長、拡大していく8月になりそうな気がします。



さっそく行動の約束で作ったチョコパン。

自分でもこんなパンが作れるなんて!!

感動です。


家族にも食べてもらい、感想を言ってもらう。

子ども達(特に次女は)美味しいって言ってくれて、まだ食べたい様子。

旦那さんも、自分で(パンが)焼けるなんて凄いねと、感心した様子でした(*^^*)


ボイジャータロット勉強会

今日は、はるさん主催のボイジャータロット勉強会へ。


人格の基礎と言われるアーキタイプ、0〜10番の大アルカナの復習でした。


ボイジャータロットは占いではなく、自分の魂のガイドとなるツール。


タロットが人生を決めてくれるのではなく、今浮上してきている私の魂からの声を、カードが見せてくれるのです。


グラウンディングヨガマスターへの道を自ら閉ざしてから、カードにもしばらく触れたくなくて、ヨガのレッスン時以外には引くこともしなくなっていました。


はるさんのヴィーナス・コーチングに参加して、そこからまたカードに触れる機会が出てきて、最近ではまた毎日「今日の私の真実は?」で1枚引いて、小さな行動の約束からギフトを引く…ということをやっていて、やっぱりボイジャー面白い!!という感覚を思い出してきました。


イコール、マスタークラスを諦めて、萎んでいた私の生き方が、また面白くなってきたということなんですが。


今回の決まっていた就職先がフイになり、また新たなお仕事を決めるまでの中でも、カードが私の魂の地図を取り出して見せてくれているような流れがありました。


そんな最近からまたボイジャー熱が高まり、今回勉強会に参加する流れに。


『Fortune』というカードがあります。

新たな次元へとステージを上げるカード。

大アルカナの10番のカードです。


私のライフカードのひとつでもあり、私にとっていつもここぞ!という時のカードワークで出てくるカードで、自分の手で運命の輪を回していこう!!と、背中を押してくれるカードでもあります。


今日の勉強会では、まず0〜10の大アルカナで、顕在意識で好きなカード、苦手だなと思うカードを出し、私は好きなカードに『Fortune』を上げました。


桁が上がるこのカードは、更なるステージアップを意味しています。

そしてそこにはハイリスク・ハイリターンも伴っている。


私って…安全パイな、穏やかな人生を望んでいたはずなのに、好きだと選ぶカードがハイリスク・ハイリターンなんて。


まぁまぁ…これまでの私を振り返ってみても、確かに安寧さとは逆の方に自ら持っていっている傾向にあることは否めません(笑)


とにかく、顕在意識で好きなカード、苦手なカードを上げたあとは、今度はカードを裏返して、潜在意識に問いかけます。

今、私が比較的使えているアーキタイプ、比較的使えていないアーキタイプは何ですか?


比較的使えている→『Balance』

比較的使えていない→『Empress』


『Empress』は、女帝のカード。

無条件の愛、母性愛のカードです。

いつも私のイメージは『Empress』だと言われることが多いため、比較的使えていないカードに出てきた時に、ドキリとしました。


ここのところ、転職のことなどで自分のことばかり。

母として子ども達をちゃんと見てあげられてないんじゃないか…。


中学1年生、反抗期の長女には、自分ばっかり怒る口うるさいお母さんに。

小学6年生の次女には、自分は一生懸命やっているのに、何もわかってくれないお母さんに。

小学3年生の長男には、勉強のことしか言わない、好きなことをさせてくれないお母さんに。

3歳の3女には、甘えたいときに甘えさせてくれない、抱っこされたいのに抱っこしてくれないお母さんに…。


そう、子ども達に思われているんじゃないかという罪悪感が出てきました。


潜在意識からのカードを出したあとは、0〜10のアーキタイプの復習をざっとして、最後に、引いたカードに伴う行動の約束を決めました。


自分の選んだカードからかと思い、最初は『Fortune』から、「宝くじを11枚買う」で、ギフトの『Synergy』を引きました。


そしてはるさんから、Empressでは考えなかったの?と聞かれ、確かに、今比較的使えていないカードに意識的になるために、そちらの行動の約束をした方がいいなと思い、考えて…「子ども達4人を3秒間ずつハグする」行動で、ギフトは『Sorrow』


チャレンジカードだったので、もう一度行動を立て直しました。


その行動でチャレンジカードが出たのも、意味があるのだと思います。

確かに、ハグをする行動を意識しながらギフトのカードを引く時、胸がざわざわしていました。

ハグをするのにお互いが抵抗がある(のではないかと私が思っている)のかな…。


とりあえず行動の約束を立て直すのに、今月のマンダラを確認…家庭生活に出ているのは、『Rejoicer』喜ぶ女性のカードです。



気持ち良さそうに水を浴びている女性が目に入り、そうか…Empressだからって、何も子どもを愛して守ってばかり、子どもの嬉しいことばかりしなくていいんだと思い、行動の約束は、「子ども達ひとりひとりから、私が喜ぶ一言を考えて言ってもらう」

嬉しい言葉のシャワーを浴びたかった。


ギフトは『Harvest』

もう、充分受け取っていい時なんだと思えました。



講座後も色々話し込んでしまって、幼稚園にお迎えに行ったのは18時近く。

末っ子は眠くてぐずっていたのに、同じくお迎えだったはるさんの娘さんと遊びだし。


ひとしきり遊んでようやく車に乗り込んだ時には、帰り着く頃には19時になろうかという時間だったので、長女に電話をして、ご飯だけ早炊きで仕込んでもらうようにお願いしました。


そうしてバタバタと帰宅したら、言われたことすらいつもはやってくれない子ども達が、ご飯を仕込んでくれていたのは勿論、自分達から洗濯を干して、乾いていたのはたたんで、お風呂まで洗ってくれていました。


いつもはやらされた不満感で、ケンカばかり。

寄ると触ると口汚く罵り合う子達が、今日はニコニコ笑っていて、家の中の空気が柔らかくて、何のギフトかと思ったほど。

もうそれだけで充分だったけれど、子ども達から言葉を一言ずつもらって。


母の喜ぶ言葉なんて、嘘でもいいと思っていたけど、これが子ども達の本当の気持ちなんだなと、素直に受け取れました。


正に、ギフト以上のギフトをもらった気分。


私も穏やかな気持ちでいられて、言葉かけも自然と優しくなり、それが子ども達の笑顔に繋がる…自分が与えるだけじゃない、自分が受け取ることで循環していく『Empress』を感じました。


勉強会の機会を与えてくれたはるさん、ご一緒できたえりこさん、本当にありがとうございました。


はるさんのボイジャータロット勉強会、8月も7日に予定されています。

↓↓


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=810827272454238&id=340235259513444


8月のホールセルフマンダラ。

2017年…夏休みに入り、1週間。

仕事を始めたばかりで、常にいっぱいいっぱいだった去年の夏休みよりは、なんとなく自分のペースも大事にしながら過ごせている気がするこの頃。

けれど、毎日のヨガや、タロットは出来ていないなぁ…。

TLTを受けないと決めて、そこからまた新たな自分なりの道を進むつもりだったのに、何やら止まってしまっているような感覚。

私、結局何がしたいのか?
どうなりたいのか?

『今』の自分を見つめるために、夏至ぶりに、8月いっぱいまでのホールセルフマンダラをしてみました。



思考に『Confusion』
行動に『Setback』
縦に並んだチャレンジカードが、正に今の自分の体感覚を教えてくれているようだと感じました。

なんとなく、自分の中で微かに感じる思考のぶつかり合い。
進めていない感覚…。

でも、魂の『Growth』は素直に嬉しかった。

すぐに誰かや何かと比較して、苦しくなってしまう自分。
自分だけ、何も変わっていないんじゃないか、結局成長していないんじゃないか、おいていかれている感…。

でも、ちゃんと魂は磨かれて輝いているし、確実に変わっているものが自分の中にあると感じました。

行動の約束。
「TLを目指す皆が卒業する頃、自分はどんな風になっていたいか目標を書く」で、『Confusion』を『Seer』に。

あとひとつ。
「何故、グラウンディングヨガを人に伝えたいと思うまでにやりたいと思ったのか…そのきっかけになった気付きをつづった記事を探して読み返す」で、『Setback』を『Illumination』に。

8月はじっくりと、どんな自分にこれからなっていきたいのか、これから何をしたいのか。
自分を高みから見つめて、ビジョンをクリアに。
まずそうすることから、新しい世界が広がりそうな予感です。



行動の約束で探した記事は、2年前の今頃のもの。
初心を思い出すために、ここにも記しておきます。↓↓

先日のグラウンディングヨガのレッスンの時、先生と私とマンツーマンでのレッスンだったので、レッスンしながら、授乳しながら、色々なお話をしました。

なかなかこんなにゆっくり先生とお話をする機会もないと思い、6月の初め、グラウンディングヨガのベビママクラス初回の日に先生がある質問をされた時に、とても自分の意識が変わったのを感じたので、それをお話ししたんです。

その頃の私は、4人目のここのが生まれてから毎日、日々を過ごすだけで精一杯。
自分のことは後回しで、産後の身体が戻らなかろうが、肌が荒れようが、寝不足になろうが、疲れ果てようが、そんなのお構いなしに子ども達は毎日ごはんを食べ、服を汚し、部屋を散らかし、ケンカをし、病気になり…子ども達のことにがんじがらめになって、自分のことは何も出来なくて、何でこんなに毎日穏やかでいれないんだろう?何で毎日イライラしてるんだろう?自分で望んで今の家族があるのに、何でストレスを感じているのか、こんなに苦しいのかと思っていました。

6月にベビママクラスが始まる前から、少しずつ レッスンに復帰して参加するようになり、自分の時間をつくることで少し心に余裕が生まれて、色々前向きに取り組めるようになっていたところに、先生からの質問がありました。

それは、皆さんの夢は何ですか?それにかかる費用や他の人がどう思うか関係なく、5年後の自分を考えた時に、どうなっていたいか。
そうなるために今何をしていけばいいか〜?…というような質問だったと思うんですが、それを聞いた時、すごく目の前が拓けた気がしました。

今は日々目の前のことに追われて、いっぱいいっぱいだけど、5年後、10年後…その時はそれぞれ子ども達も成長していて、私の手を離れてる。
ともすれば私を助けてくれる存在になっているかもしれない。

私にも何となく、こんなこと出来たらいいな、こんなことを仕事に出来たら素敵だなと思うことはあっても、いろんな意味でそれは実現不可能な夢で、叶えたいという思いを持つことさえ無理なんだって思っていました。
自分で蓋をして諦めていました。
そのくせ、子育てしながら仕事をして、頑張っているママさん達がキラキラ眩しく、羨ましく見えたり…。

そうやってネガティブな感情でモヤモヤしていた時に、その質問を聞いて、自分も夢をもってていいんだ。
それを叶えるのは5年後10年後でもいい。
人を羨むのはやめよう。
今の状態がずっと続くわけではないんだから、5年後、10年後、素敵な自分になれているように、今目の前のことを必死にやっていたら、きっと一番良い形で自分のやりたいことが出来るときが巡ってくるんだって思ったんです。

今までも頭の中ではずっとモヤモヤ考えていたんだけれど、その時雲が晴れたみたいにクリアになって、ストンと心の中に落ちてきた感覚。
今の自分で今は充分、目の前にあることにしっかり向き合って、今を大切にしようって。
その時が、今の自分を認めてあげようって思った瞬間、意識が変わった瞬間だったと思います。

そういうことに気づけた時って、何でもっと早くその事に気づかなかったんだろうとか、早い段階で気づけていたら、もっと違う今があったかもしれないとか、こんなこと、他の人は簡単に気づいてるんだろうな〜、バカだな自分…とか思ってしまうけど、気づくまでの過程も必要だったんだということ、その過程や気づくタイミングがあったから、今の自分があるんだなって、今は思えます。






最近、グラウンディングヨガに出会った頃の、この気持ちが薄れていた。

もう、誰かを羨んだり比べたりして、自分で自分を苦しめなくていい。

私は私の最善の道を進んでいるから。

Voyager Tarot®Alchemy STAGE.2

4月27日、28日の2日間で、ボイジャータロットの講座stage2を受けました。

1月にstage1を受けた時は、ボイジャータロットの基礎を凝縮して2日間でぎゅぎゅぎゅっと詰め込んだ感じで、話を聞くのにいっぱいいっぱい。
タロットの端っこも掴めた気がしなかったけれど、それからの3ヶ月ほど、自分の日常に少しずつカードを取り入れていくことで、少しずつ、カードワークが深まっていくのが面白かった。

占いとして使うのではないので、結局答えをもっているのは自分自身なんだけれど、だからこそ、自分の中にある全てを表したカードが、凄くクリアに潜在意識を出してくれる。
自分が今何を必要としているのか?
どういう答えを自分がもっているのか?
何に気づくべきか?
考えているだけではモヤ〜っとしていることが、明確になって浮かび上がるのです。

stage1を受けてからの3ヶ月は、ちょうどグラウンディングヨガ5期のTTを受けていたのも重なり、本当にタロットに助けられました。

カードがサポートになり、いつも自分の真実に気づかせてくれたから、今、自分の選択で自分を生きている気がします。

27日、stage1とはちょっと違うヒーローズジャーニーを習いました。

「5月からのヨガレッスン、魅力あるレッスンが出来る私になるためのヒーローズジャーニー」


現状は?
『Purity』
静かに輝いているものが自分に中にある感じ。

行くべき方向性は?
『Moon』
潜在意識に届かせていく、暗闇を包む大きな光。

乗り越えるべきチャレンジは?
『Confusion』
6番は他者との関係性でもある…既にあるクラスの生徒さんにどう伝えていくか混乱する?

サポートになるものは?
『Player』
生徒さんにどう思われるかよりは、まず自分が場を楽しむことかなと思いました。

このヒーローズジャーニーを元に、2日目は、この4枚のカードを使って物語を作ったり…。


選択のカードワークをしたり。



ホールセルフマンダラをしたり。



実践盛りだくさんで、本当にあっという間の楽しい2日間でした。

私は誰?ゲームまでは、その後の予定があり参加出来なかったのだけど、先日ユリさんのところで体験させてもらっていたので、後ろ髪引かれることなく出てくることが出来ました。

本当にカードワークは深くて、理論もまだまだ掘り下げたらきりがないんだろうけれど、それよりもまず、実践。

カードに触れて、自分でそのカードから気づいていくものが積み重なり、この道を深めていくんだと思います。

忙しいとなかなか、1日1枚引くことさえ遠ざかってしまうけど、自分に意識的でいるために、カードに触れていきたいと思います。

5月からのヨガレッスンには前後にカード1枚引きがつくので、図らずもセッションを始めることになります。
そちらにとっても、stage2まで受けれたことは、素晴らしい学びになりました(^-^)

昨日、選択のカードワークでした、行動の約束は「欲しい物(Blancaさんの砂時計)を買う」



ゲットしてきました(*^^*)

ファントム入りのレムリアンシードクリスタルも、衝動買いしてしまったけれど、やっぱり『Fulfillment』でした(*≧∀≦*)

ボイジャータロット「私は誰?」の体験会レポ。

今日は初めて、平日に新幹線を使って、まゆみさんと福岡へ行ってきました。

きっかけは、3月くらいにヨガの勉強会を我が家でしている時、Stage1の講座でご一緒した氷室ユリさんのボイジャータロット「私は誰?」の体験会に、行ってみたいね!という話から。

そこで話が盛り上がり、(私が無理矢理盛り上げた?)ユリさんにアポを取って、3人の都合が合う日を希望して、体験会を設定してもらい、今日の日となりました。

家族と一緒ではなく、単独で、新幹線で福岡まで…というのが、もう非日常。

普段が車移動に慣れきっている熊本県民の私達。
無事に福岡まで辿り着けるのか心配しつつ、熊本駅で待ち合わせ。

宏美先生もご一緒するはずでしたが、都合が悪くなってしまい、まゆみさんとふたりで。

福岡まで、 新幹線で40分ほど。
こんなに早いなんて!

駅ビルや周辺の都会ぶりに、いちいちまゆみさんとキャアキャアはしゃぐ(笑)

博多駅に着いたら、ユリさんのわかりやすい案内メールに従い、バスと徒歩で指定の場所まで。

『Star』がユリさんのお部屋へ導いてくれました。

ちゃんとお仕事場があるのが格好良い。

今回体験した「私は誰?」というカードワーク。



ユリさんと私とまゆみさんの3人で、3クールするために、ボイジャータロットから9枚をそれぞれ選び出し、その中から、ユリさんにあげる1枚、まゆみさんにあげる1枚、そして自分にあげる1枚を、伏せたま取り、めくったカードの印象から、「あなたは〜な人です」と、言葉を添えて渡すというゲームのようなワーク。



3クールなので、3回繰り返しました。

そして、私が受け取ったカードはこちら。




『Break throgh』
あなたは何事も突破していける人です。

『Priestess』
あなたが真実と思っていることを真実と受け止めていい。

『Reward』
私は自分のしたことにちゃんと報酬を受け取っていい人です。

『Strength』
あなたはもっと自分の中の官能性を出していい人です。

『Fulfillment』
あなたはこれまで培ってきたもの全てを受け取れる人です。

『Sorrow』
私は悲しみをも自分の強さに変えていける人です。

『Hanged Man』
あなたはもう運命に全てを委ねていい。
(何もしなくても最善な方へいく)

『Stagnation』
必ず動き出す。
感情の中のバランスをとっていける。

『Time-space』
すでに次のサイクルの種まきは始まっている。

自分が受け取った9枚のカード、他人が引いたものでも、今の自分に何故か当てはまってくるところが面白い。

大アルカナでは何が出ているか?

数字は何が多く出ているか?

思考、感情、行動、魂では、何が多く出ているか?

色んな方向から出たカードを見て、今の自分を知っていく。

しっかりカード、受けとりました!

もうStage1を学んだ私達だからと、間間でミニ講座が挟まれるのも楽しい(^-^)

ユリさんの解説がわかりやすくて面白くて、いつか機会があれば、ユリさんのStage1も受けたいと思ったのでした。

ものづくりワークショップも楽しそう!

もうユリさんのところまで、迷わず行ける自信は出来たし、福岡がいつでも行ける感覚になれたのは、嬉しいことでした。

いつまでもお話していたかったけれど、新幹線の時間もあり、おいとまして、博多駅に戻り、お昼を食べて、お土産買って、帰路につきました。

あっという間の福岡でした。
本当に楽しかった〜(*≧∀≦*)

| 1/2PAGES | >>