AHA LABO

3年前、グラウンディングヨガTTでボイジャータロットに出会い、Stage1/Stage2を受講したのが2年前。


その時は、まだ何が何だかわからない。

カードを学んだものの、カードを表面上で受け取り、まだカードをツールに自分の体感に繋がり、気づいていくことが、本当には理解できていなかった。

(まだまだ、カードが見せてくれる私の真実に、疑いの目をもっていた感覚。


その頃はまだ、カードの学びのために、大分へ、名古屋へと足を運ぶようになる自分なんて、想像できなかった。



ボイジャータロットアルケミー勉強会から、AHA LABOと名を新たにした学びの場へ、行ってきました。


直前になって参加を決め、月曜日お仕事なのも考えて、けさちゃんに相乗りをお願いしました。


けさちゃんの運転に同乗させてもらうことはありつつも、ふたりっきりは初めてで、おかげで帰りも含めた道中、これまでのこと、現在のこと、これからのこと、色んな話ができました。


会場である別府のOhanaさんへ到着。


AHAのグループ投稿で繋がったりはしているけれど、なかなかリアルで会うことができないメンバーとの集いは、それだけで貴重。

それに、今回はみっちゃんが学ぶ側としての参加。

大分での和泉さんの勉強会には初参加な私にとっては、これもまたレアな体験。


皆が揃った場での、エネルギーの高まりを感じる。


ワクワクが始まる。


和泉さんの、「今日、一番持ち帰りたいものは?」と、「最近どうよ?」の問いかけから、自己紹介も兼ねて伝え合うことからスタート。


みっちゃんの勉強会も、「最近どうよ?」から始まるんだけど、いつも内心、なんで近況報告をするんだろう…?と思っていた。


でも、「最近どう?」「今日何を一番に知りたいか?」それだけでも、これまで顔を合わせたことも、深く話をしたこともない人達の、今のその人が背景に抱えているもの、一番課題となっていることを知ることができる。


それがその後のワークを深め、それぞれに共振したり、お互いの学びに繋がっていくのだと合点がいきました。


「最近どう?」を、顕在意識でカードに置き換えた後、実際に潜在的にカードは最近の私はどうなんだと言っているか、カードを引いていきました。


私は、5月の動きが大きく、『Tower』から『Star』へとyearサイクルの変化からも、新しいところへ向かう戸惑い、起こっている体感を表現することが難しく、色々滞りを感じていることから、顕在意識では『Stagnation』だと感じていた。


引いたカードは『Surfer』


どう解していいかわからないでいた私に、皆がこういうことなんじゃないかと見解を伝えてくれる。

「乗る波を待っているんじゃないか」という言葉が、しっくりと胸に落ちてくる。

そして、乗る波は大きくなければならないという概念を持っていた私にも気づけた。

今足元にさざ波立っているのも、波なんだ。

今、私はそんな波に乗っている。

小さな波でも、見過ごしたくない。

感じて、どんな波なのか味わいたい。


…ね、私ひとりだけでも、こんな感じですので、導入部だけでもかなり時間を要します。


あとおふたりを残し、皆のお腹が我慢できなくなったので、かよさんの美味しいランチをいただいた。



かよ飯体験は2度目。

味付けも多彩で、何でもないお惣菜のようなのに、どれも感動的に美味しい。

7月、熊本のStage1のお弁当を請けた私には、こちらも大いに学びになりました。


ランチ後、残すおふたりの「最近どうよ?」を聞く中で、ようやく今回のテキストも配られて、添いながらワークを進めました。


テキストのプラクティスのひとつ、ネガティブワーク。

「自分に最近起こったネガティビティ」について、顕在意識でカードを引き、そのことについて、お隣の人とシェアタイム。

そのネガティビティの裏側も見ていきます。


最後に、「最近起こったネガティブなことも含め、私が今向かおうとしている道への気付きとなるメッセージ」で、カードを引きました。


これは、今、私が何者なのかという、私の定義のひとつと捉え、一言で、自分は今、どういう定義を持つことを勧められているかをシェアし合い、カードワークだけに留まらない深く濃い内容の勉強会が終わりました。



ここずっと、やりたいのにできない、水面に浮かびたいのに、底の方でもがいているような…何だかわからない不安や焦りがあった。


こんな私でいいのかという自信のなさ。

自分への信頼が薄れていた。


けれど、LABOの中でグループ投稿のコメントについての、けさちゃんとみっちゃんのやりとりを聞いていて、みっちゃんが和泉さんにだだをこねる様子を見て、私のお肚の中のFool-Childがモジモジと動き出す。


私の中にある定義をもっと信頼していいんだって思えた。


少なくとも、AHAという素晴らしい学びの中では。


どんな私でも、どんな定義を持っていても、どんな振り幅なのかも、どんな表現なのかも、自由でいていい。


どんな自分になりたいのかも、もう「私」は知っている。

あとは自分の中に起こってくる衝動を「やる」だけなんだ。


AHAに出会えた巡り合わせ、分かち合える素晴らしい時間に、感謝と幸せを感じています。


みっちゃんの勉強会

今日は大分へ。

みっちゃんの勉強会に行って来ました。


大分へ行くのは前もって予定に入れていたのに、急に名古屋へ行くことにもなり、名古屋から戻ってきた週末に大分へ…。

自分の体力的にどうなのか、キャンセルするのか、しないのか、行くのか、行かないのか…決めかねていました。


名古屋から戻って、なかなか疲れのとれない体を引きずりながら仕事をしていて、やっぱり無理かも…今回は諦めようかと何度も思い、でも諦めきれずにいた私へのメッセージのように、みっちゃんのブログが目に飛び込んできました。

https://ameblo.jp/schein-baum/entry-12461737401.html


読んだ瞬間、お肚の中に力が湧いてきた感覚。

「行きたい」「行く」

Tower yearが終わる直前だからこそ、思いっきりダイブしていきたい。


そこでマイナスに思えることが起こってきたとしても、必要として起こってきていることだから、どんなことでも最善なんだと思えた。


朝から翌日体育大会のため、登校の長女と次女を送り出し、出発。

雨の降りそぼる中、霧のけむる阿蘇を越えて、大分まで。


以前通ったルートと違ってたけど、無事たどり着いた。


同じく熊本から参加のけさちゃんとひろちゃんと一緒に会場入り。


皆が揃うまで、雑談と言うにはあまりにも深くなりすぎる…ムーミンにしても、チョコレートにしても、ブランデーにしても、みっちゃんの深い講座が始まっていく(笑)

もう、全てが学びだ。

楽しくてたまらない😊



皆が揃ってから、それぞれの「最近どう?」から始まった。


ひとりひとり、それぞれのプロセスがある。


現在進行形で取り組んでいること、一旦区切りがついたところから、また新たに生まれたプロセス、課題となって浮き上がってくるもの…。

形は違うけれど、自分の中にもあるものだと感じる。


自分も経てきたものだし、取り組み中でもあり、これから取り組むだろうこと、自分の中にもある課題。


集まるメンバーも必然で、きっとそれぞれに、形や大きさは違えど同じものをもっている。


だから、言葉にしない部分でもわかり合えたり、共振して涙が出たりするんだろう。


本当に、それぞれの「今」に起こってくること全てが最善でしかなく、そこへ向けて私という宇宙が、寸分の狂いもなく采配しているんだということを感じずにはいられない時間でした。


私に起こってくることも、周りに起こってくることも、時にはチャレンジに思えることも、全てが最善でしかないんだ。


カードワークでは、「今の私の課題は何?」

というお題について、私の顕在意識(表)と潜在意識(裏)に問いかける。


顕在意識→Stagnation 8Cups

朝の「私は何者で生きる?」で出た8番の『Balance』もあったし、少し前に何かのアクションで出たギフトの『Stagnation』が、何となく私の中に残っていて、新しいステージへ向かうために、何か動かす必要なものがあるように感じたから。



潜在意識→『Anger』4Cups

顕在意識のカードと同じく、チャレンジカードで感情のカード。

『Stagnation』と対象的なようで、繋がっているように感じた。


言いたいのに言えていない、私のいる世界が、言ってみたら、動いてみたら変わるかもしれないのに、権威に対してためらっている。

どうせ言っても変わらない。

もう決まったことだから仕方ない。


やってみてもいないのに、自分で決めて諦めて留まっていることへの怒り。



それぞれの顕在意識、潜在意識、そこから浮き彫りになる、本当の自分のニーズに気づいていく時間。



怖がらなくていい/怖くったっていい

そこが安全で、ホールドされている場だという信頼。

そして、それぞれが自分の力で必ず真実へと向かっていけるという信頼があるから、安心して出していける。



『Stagnation』『Anger』で思い当たることを話しているうちから、行動の約束は決まっていた。


たとえ返ってくる答えが、予想していたものだとしても、伝えないままでいるのと、伝えてみてからの自分の受け取り方は全然違うだろう。


職場という場での、「私」の権威を「私」が

守っていくため、「園長先生に、このまま0歳児クラスを担当させてほしいと伝える」行動の約束で、ギフトは『Sun』



単に、伝えることで、良い方向に行くよーってことじゃないよ。


自分の思いを表に出すことで、例えNOを突きつけられたとしても、「伝えていなかった」想いは昇華され、私は私に満足できる。

そうすることで、次の「じゃあどうする?」っていう、クリエイティブなパワーへと繋げていけるんだ。


「この勉強会に参加して、受け取ったものは?」

皆で最後にカードを引いて、記念撮影。



皆✨最高の笑顔✨


『Lovers』を受け取って、島根から名古屋、そして大分…ここまでが、私の『太陽と月』を体感として得るために必要な旅だったんだと、ふと感じた。



お昼は熊本組で合流して、コンパルホール近くの nico seed さんでランチでした。




帰りは、風は強いは霧は濃いはの山道を、けさちゃんの車のバックライトを頼りに帰宅。


時折、もしや前を走っているのはけさちゃんの車ではなく、いつの間にか狐か狸に化かされてる?と思いつつ、夢現にいるような感覚の中、目を覚ますために強風の中窓を開けてみたり、ひとりなのをいいことに、月に向かって遠吠えしながら楽しく帰りました(笑)



みっちゃんの勉強会(ホールセルフマンダラ)

今日は5時前に起きて、夫の朝ごはんとお昼のお弁当、子ども達4人分のお昼を用意して、7時前に家を出発🚗💨


大分を目指しました。


春分に名称が変更された、The Art Of Human Alchemy(略称AHA)の認定コーチ、足立光枝さんこと、みっちゃんの勉強会へ。


アリシアさんにランチに行きたかったのだけど、勉強会へ赴くのもけっこうギリギリに決めたので、予約をしておらず、ランチ満席にてお断りされる。


まぁ、仕方ないよね…と、スコーンとカップケーキをテイクアウトして、会場に向かいました。


前回コンパルホールに来たときに、喫茶室があったのはチェック済みだったので、そちらに行ってみる。


注文して席についてから、引いていなかったカードを引く。


「今日の私は何者を生かす?」『Player』

行動の約束「今日参加のメンバーの似顔絵を描く」→『Harvest』



今日ここへ来たこと、それだけでも充分『Harvest』だと思った。

自分で自分を満たしていける。

そんな行動を自分で選んで、起こしていける。


ホットサンド、それだけだと思ってたのに、サラダが盛りっと付いていて、スープも!

これで360円くらいでした。


食したあとは、一番のりで会場へ。

今日はホールセルフマンダラをやる。


Stage2を受けたばかりの方もいるので、まず流れを説明。

説明を聞きながら、私はこっそりお絵描き…(笑)


今日から4月いっぱいのホールセルフマンダラ。


仕事の部分が『Narrowness』だったのを「作りたい理想の場所のイメージを絵に描く」で、『Lovers』に。


経済の部分が『Anger』だったのを、「「◯◯万円(創造した新たな場所で、稼ぎたい金額)稼ぐぞーー!!!」と、帰りの車の中で叫ぶ」で、『Seeker』に。


アクションで変わった『Lovers』と『Seeker』で、マンダラ全体の流れが良くなり、チャレンジカードよりチャレンジに感じていた『Courage』と『Reflection』が健全に働いてくる。

『Passion』や『Creativity』がより生きてくるように感じました。


みっちゃんの、大分のメンバーの熱量に触れて、自分の中の炎もまた焚き付けられた感覚。


アクションを立てること、アクションを実行することがチャレンジになっていたことへの気づき。



まずはスモールステップからでいい。

楽しみとワクワク、ユーモアをもって、まずはスキップするような軽やかさで、越えていけるアクションをやっていく。


そうしたら必然と、越えていくことが目の前にあり、越えていく流れになっていくんだ。


その時、その場所、集まるメンバーで起こっていくこと、流れ、共振、学び、得ていくものがある。


今日、この場にいれたこと、自分も学びの一部になれたことが嬉しかった。


子ども達を残して、そのための準備をして、自分で運転して、今日ここへ自分を向かわせたことで、得られたギフトは大きいと感じました。



大分最高〜✨

みっちゃん最高〜❤️

みんな、今日はありがとう😄


おまけで、みっちゃんとさおちゃんと、ごほうびタイム。



アリシアさんがどうしても諦められなくて、営業時間を調べたら、まだ行けそうな時間。

ランチがダメでも今なら入れるかも…!

今日は自分で運転してきたから、バスの時間を気にする必要もなく、すぐ帰る必要もない。


行ってみる!そう決めたら、みっちゃんとさおちゃんも一緒に来てくれた。


じんわりと染み入る美味しさの、スパイスティーと、リンゴのクランブルタルト。


あきらめなくて良かったぁ〜❤️


おかげで帰りの道中も、皆との時間を思い出し、自分の中に落とし込み、アクションで思いっきりFoolになりながら楽しく帰れました😄


大分、魂が熱く、温かく揺さぶられる場所。

また帰ってくるからね!


アクション✨✨


「わたしと出合う」朝の会。

今日は、水本晴美さんこと、はるさん主催のボイジャータロット「わたしと出合う」朝の会でした。


早めに起きるつもりが二度寝してしまい、ボーッとしたままの頭で会場入り。

疲れているのか身体も重たく、参加をキャンセルしようかとも思ったほど、気持ちも重たい。

迷いながらも出かけてきた。


家で引く時間がなくて、会場に着いてからこっそり引いた、「今日の私は何者を生かしていくのか」

『Surfer』


カードからは、勢いと爽やかさを感じる。

見た瞬間、胸の中をギューンと白馬が駆け抜けていった。


「目を覚ませ!」鼓舞されているようだったけれど、どうにも気持ちが上向かない。


会の間、何となく自分を出せないままだった。

いつもいつも、明るく楽しく上向きじゃなくてもいい。

そう言い聞かせながらそこにいたけれど、何かスッキリしないまま。


花粉症のような症状が治まったのは良かったけれど、何となくスッキリしない身体の感覚のよう。


メインの問いかけ2つのうち、私が選んだ問いかけは「ゴールデンウィーク前までに、終える必要があることは?」


『Equilibrium』


先日のアメイジングプログラムで、一旦脱したようだったのに、まだ何だか抜け出せていない自分。


サナギのまま…いや、またいつの間にか新たな殻の中に入ったのか?抜け出して羽を伸ばしたいと、もがいている自分が浮かんだ。


必死に、どうにか均衡を保とうと、足をばたつかせている感覚。


行動の約束は、「やりたいなと心が動く予定がいくつかあるけど、決めかねていることを、スケジュール帳に書き入れる」

ギフトは『Courage』

本当にしたいことなのか?

書き出すことで精査して、魂が決めたことに向かう勇気を得られる。


会も一旦締められたあと、ずっと浮かない様子だったろう私に、はるさんが「スッキリした?」と「なーんか、このまま帰るのは気になって仕方ない!」と声かけてくれた。


スッキリはしていないのはわかっていたけど、どうしたら晴れるのか、自分でもよくわからないのだ。


カードに聞いてみる?と、「このモヤモヤをスッキリさせるために、必要なものは?」

『Love』



その場に残ったみんなに温かいものをいただきたくて、私に餞(はなむけ)の言葉をくださいとお願いした。


ひろちゃんからは、「大好き!」とハグをいただき、美音さんからは、「笑顔が素敵だから、前を見てもっと笑顔でいられることが増えるといいね」と。

由美さんからは、椅子に座ったままできるストレッチの誘導。

本当に気持ち良くて、昨日の行動の約束「羽のように腕を羽ばたかせる」アクションを叶えられた。

何でもない簡単な動きなのに、それさえもしていなかったことに意識的になり、本当の意味で自分を慈しむってこんな感覚だと感じることができた。


はるさんからは「前からのハグはひろちゃんに先を越されたから〜!」と、バックハグ。


揺らいでいても、いつも笑顔になれなくても、いつも前向きじゃなくても、いつも上向いてなくても、どんな私でも、大丈夫!


前からも後ろからも、力強くホールドされている。

前後からだけじゃなくて、繋がるエネルギーで∞に支えられているし、私もその柱のひとつ。


早く変化した時は、戻ろうとするエネルギーも思っているより大きくて、引き戻されてると気づかないうちに、引き戻されている。


またいつの間にか恒常性の中に入っていたな。


外に出てからもしばらくはるさんとひろちゃんと話をしていたんだけど、お腹は鳴るし、ポスターの期間限定商品は気になるし。


お時間大丈夫ということで、ひろちゃんとまた店内に戻ってランチ。


リンゴのフレンチトースト。

メイプルシロップで甘さも調整できて、今欲しい甘さ。

美味しくいただきました。


ふたりでゆっくりお話することも最近はなかなか難しいと思っていただけだったのかも。


忙しいから、時間がないから…そういう思い込みを越えて、ポンっと口に出してみたら叶うことだってある😊

意外と考えてるより動いてみる方が簡単だったりする。


最近のこと、お互いのこと、言葉で感じられないところも、交換し合う満たされた時間。

『Ecstasy』をたっぷり受け取れた✨



ひろちゃんこと、赤星宏実マスター💖

熱っっ〜い情熱のもと、5月から開講されるグラウンディングヨガTT募集中!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2056681554450488&id=100003259903044

3月21日春分までの早割もあります😊


行きたくないかも…だだをこねていた頭をよしよしして、動いてみて、来てみて良かった。


私が何を出しても、出さなくても、ホールドされた安心できる場。


はるさんの「わたしに出合う」朝の会

https://www.facebook.com/events/239757143571814/?ti=cl

また来月も楽しみです😌


Childの視線の行方。

今日、私は何者を生きるのか?

『Fool-Child』


何だろう?

人形の瞳がまた新たな発見をしようとキョロキョロしている感じ。


チャレンジは怖いけれど、生まれ出ようとしているものを、サポートしてくれる手はたくさんある。

今なら飛び込むのも怖くないのかも。



子宮に向かってダイブする子どもが、私にはいつからか『Stand By Me』の主人公の男の子に見えるんだ。


そう思っていたら、いつぶりかに見たくなって、「『Stand By Me』をレンタルする」行動の約束で、ギフトは『Moon』


子どもの頃に観た感覚と、今、受け取るものも違うんだろうな。


仕事の1日。

メインの先生がふたり休みでどうなることかと思ったけれど、奇跡的に園児もお休みが多く、サポートの先生にも入ってもらったりしながら、どうにかやりくりできた。


戸外遊びにも出たけれど、青みかんパウダーのおかげか、どくだみ茶のおかげか、プチファスティングのおかげか、体調は落ち着いている。

目の調子も悪くない。


夜、ひとりでTSUTAYAへ。

『Stand By Me』と『ショーシャンクの空に』を借りた。

無性に昔観て感じるものがあった映画を、今また観たい。


DVDを借りたあとも、何となくすぐ帰りたくなくて、グルグルと1時間ほど店内をウロついてから帰宅した。


ふらっとひとりで呑みにでも行きたい衝動だったけれど、いやいや、車だし…。

気弱なFoolはおとなしくお家に帰りました。


『Stand By Me』観るのが楽しみだ。


クロージングは『Lovers』

最近、夫とのパートナーシップが良い感じ。


自分を蔑ろにされてる感覚の時は、触られるのも嫌だったけど、本音を伝えて心が繋がっていると、自然と身体も繋がりたくなる😌


| 1/3PAGES | >>