始めからピンとこなくてもかまわないということに、ピンときた話。

今日の「私が生きる一枚」は『Negativity』



朝からバタバタして、カードを引くのをすっかり忘れていたことに気づいて、職場で昼休憩の際、アルケミーのHPでめくった。


うーん…体の調子はあらかた良くなり、チャレンジカードが出るようなことに心当たりはなかったし、正直ピンとこなかった。


ピンとこなかったから、ギフトも決めかねていたところに、えりこさんのアルケミー投稿から、私もシンボルを書いてないなぁと思い、「脳が蜂の巣になった頭のシルエットをシンボルとして書く」にしました。


卒園式の入退場の入口を飾るカーテンのようなものをお願いされ、去年の画像を参考に、週末から作っていて、昼休憩後に続きをやるため、下に下りて作業していると、主任の先生がやってきた。


月曜日のリハーサルに間に合わなかったからなのか、園長先生が、そんなんじゃなくていい、もっと(簡単に)輪繋ぎの飾りと紙テープでいいのよ〜と言われているからと、そちらに作り替えて欲しいと。


ほぼ終わりかけだった作業だっただけに、また大元から作り直さなければならないってこと…?ということに頭がすぐシフトチェンジしなくて、何を言われているか最初理解できなかった。


どんな風に作ってくれ〜というのを、一生懸命イメージを主任の先生が説明されているときに、やっと飲み込めた。


まぁ…派遣ですからね。

言われたようにしますよ。


申し訳なさそうに園長先生の意向を伝えてこられる主任の先生に、にこにこと、「いいぇ〜、大丈夫ですよぅ〜」と返しながらも、心の中ではため息。


前にも同じようなことがあり、またか…という思い。

せっかく作っても、上の人の一言で蔑ろにされる失望。

時間と手間をかけたのに、またやり直さなければならない…途方にくれる。

そのやり方は効率が悪い、おかしいんじゃないですか?と言いたくても言えない。

先生達も、長年の付き合いの経験から諦めている。


Negativity、Disappointment、Setback、Oppression…5番のカードが一気にふりかかってきたようだった。


大丈夫なふりをしながら、とりあえず新たな作業を進められるところまで進めた。


以前の職場でも、こういうことはあったし、よくあること。

そんなに大したことじゃない…。


そう自分に言い聞かせながら仕事を終えた。


帰りながら、ほんの少しだった喉と鼻の違和感が、本格的に悪化。

外にはほとんど出ていないのに、喉がイガイガ、鼻も辛い。


もしかして(もしかしなくても)花粉じゃなくて、職場に対するアレルギー反応ではないのか。


帰宅後は食事を用意するまではまだ良かったのだけど、体が重だるくなり、きつくてたまらない。


やっとの思いで入浴し、コタツでいつの間にかうたた寝。

這うようにして布団に入りました。


こんなにきついなんて、何か重い病気なんじゃないか?

明日のレッスン、できるだろうか?

家事もほとんど夫に甘えてしまったな…。


そんなNegativityを抱えながら、眠りにつきました。


ここからは後日談なんだけど、タイトルの話。

Negativityのカードを朝引いたけど、ピンとこなくて…と書いたし、前にも同じように感じたことが何度もあったけど、朝の「今日の一枚」は、ピンとこないのが正解じゃないのかって。


朝の一枚を引いたら、わからなくても、それを常に意識の端に置きながら、過ごしてみる。


そうしてみて初めて、そのカードを生きていることになるんじゃないか。


行動の約束は、カードを生きるためのサポートというか、潤滑油というか、栄養ドリンク…。

そのアクションをすることで、より具体的に、現実的にカードを生かしていくことになる。

そのためのギフトだ…。


だから、最初から無理やりピンとこなくていいんだ。

『Negativity』が出て、『Negativity』がピンときたとしたら、あのこと、そのことで『Negativity』が起こるんだと思ってしまっている。

それはもう占いだ。


めくったその時の体感覚だけを残し、1日を『Negativity』を意識しながら生きてみる。

ピンとこなくても、決めた行動の約束をしてみる。


そうすることで、『Negativity』が本当に腑に落ちてくるんじゃないだろうか。


前に誰かがそういうことなんだと、教えてくれたかもしれない。

私の今日の気づきは、今更なことかもしれない。


でも、「何故ピンとこないのか」

その答えの解が私の中で紐づいた経験でした。


私の「出したい」に気づいてく。

月曜日、はるさんのかっさ&ひまし油セラピーのモニターを受けました。

申し込んだ時は、ただ体の老廃物を出すのかな〜と思っていたけど、出てきたものは、今まで隠そうとしていた部分、自分。

体の老廃物だけじゃなくて、心の中、見たくなくて、蓋をしようとしていたものも露になった。

ずいぶん出せるようになったし、変わってきたと思っていたけど、まだ上手く取り繕おうとしていた自分がいた。

グラウンディングヨガや、ボイジャータロットもいいけれど、それだけではどうにもならない時…。
時にはやっぱり、こうしてダイレクトに体にアプローチしていくことも必要だと感じました。

もっともっと、出していける自分になりたいし、まだまだ出てくるものがありそうなのもわかる。



もう出しているふり、見せているふりはやめて、本当の自分でいきたい。

自分の体型や見た目にしても、もうこれ以上変わることはないと、自分で見限ってしまっていた。
昔からこうなんだから、仕方ないって、諦めてしまっていた。

でも、まだ私…きれいになれるかも!?
きれいになりたい。

美人だとか、痩せるとか、そういうことじゃなくて、胸を張って、これが私だと素を見せれる自分になりたい。

自分の体を丁寧に見て、感じて、動く。
最近それを忘れていた。

「TT卒業したから」「レッスンしてるから」にあぐらをかいて、心と体を繋げることを忘れていた。
一番大事なことなのに。

かっさを受けてから、全身調律メソッドを丁寧にやることを意識してみる。

きれいな体のラインになるのをイメージしながら。
体の奥から動かすのを意識しながら。

疲れているからとりあえず甘いものを食べる。
手っ取り早く解放したいから、お酒を飲む。
食べ過ぎたから運動する。
体重を減らしたいからごはんを抜く。
これを毎日しなきゃきれいになれないから、やる。

…それって本当にしたいこと?
本当に自分が求めていること?



今日は8月最初のグラウンディングヨガレッスンでした。



月も変わり気持ち新たに、私も久しぶりに朝からボイジャータロットを引きました。
「私は何者なのかを表す今日の真実の1枚」
『Fortune』
もっと欲深くていいんじゃないか。
もっとしたいことに思いきっていいんじゃないか。

行動の約束「綱渡りをイメージしながら、まっすぐ前を見て歩く」
『Learner』
まだ探求心いっぱいなんでしょ?
もっと色んなこと知りたいんでしょ?って言われてるみたい。
ワクワクする(*≧∀≦*)



キャンセルレッテル。

それをしたくないと思うほどに、そういう事態を引き寄せている現実…。


日曜日の夜、お仕事で組んでいる方から電話。

胃腸炎になってしまったそうで、私が休む予定だった火曜日と水曜日出勤出来ないかとの相談。

私も両日予定を入れていたし、出来れば休みたい…。

けれど結局私が出るしかなく、やむなく予定はキャンセルすることに。

ドタキャンしないようにしようと思った矢先に、またこんなことになり、しかも冬至までのこの期間、今の私のテーマであるかのように考えさせられてる。

今はこのことについて学びが必要ってことかぁ…。

来年はキャンセルのレッテル、貼られないようにしたい。
相手にがっかりされない自分になりたい。



土曜日の仕事先の忘年会の帰り、お迎えに来てくれた旦那さんに、たまにはふたりの時間が欲しいと遠回りをお願いしたら、着いた先はTSUTAYA…。

子どもがいるってこういうこと。

キレイなツリーを見れたので、良しとしよう。

お財布がもうボロボロになってきたので、旦那さんにお願いして、新しいのをプレゼントしてもらいました(*≧∀≦*)

初めての長財布だし、自分には珍しくピンク色。
ショッキングピンクだけど、写真で見るより落ち着いた雰囲気です。



タッセルが気に入ってます。

ただ素直に好きと伝えればいいだけだった。

今日は、Lulu舞Yoga5周年記念ヨガ&ボイジャータロットWS全6回講座の最終日でした。

もう6回目なんて、あっという間だったなぁ。

今日、ヨガの前にひいた『今』の自分の真実は…



まっすぐ見つめてくる強い眼差しが目に入った。

見透かされるような、何かを訴えるような視線。
何を訴えてる?と訊かれて、「ちゃんとしろよ」って感じ?


最近、一旦申し込んだ講座などをキャンセルしてしまうことが続いていて、自分に本当に今必要なのか、それに対して気持ち良くお金と時間を遣えるのか、よく考えないまま、とりあえずやりたいからっていうだけで申し込み、結果余裕がなくなってキャンセルせざるを得なくなるという…。

何が自分が本当にしたいことなのか、ちゃんと選びとれなくて、優柔不断で人に迷惑をかけている自分に、ちゃんとしろよって言われているように感じた。

ヨガは、下半身ストレッチや、呼吸に合わせて、腕を動かしてエネルギーを循環させていく…。
薄目を開けてと言われて、意外と薄目が出来ない自分に気づく。
閉じるか開けるかしかない(苦笑

ヨガと呼吸で心と身体を緩ませてからのボイジャータロット。

今度は、ヨガを終えてからの『今』の自分の真実。



Negativity

見た瞬間、がっかり…。

だって、私の前にひいたおふたりは、SunとUniversだったのですよ。

私も大きなカード期待してたから、がっかり…?

でも、ネガティブという言葉から連想するのは、やっぱり、最初のカードで感じた、予定をキャンセルしてしまう自分へのがっかりかな。

このカードはチャレンジカードということで、もう1枚サポートをひくことになり、ひいたのがこの真ん中のStar。



私がこの方に何度もキャンセルの件で失望させていることをこの方を大切に思ってるはるさんや他の皆に告白するのが怖くて、最初は言えなかったけど、このカードの女神様(?)を見た瞬間、「あ、ゆかさんだ」と思った。

私が何をしても、ただ、それを見守ってくれる存在。

だから、最後に行動の約束をする時、約束を決めかねている私に、はるさんが何が参加しようと思っている講座だったりはないのか?を訊かれた時、思い浮かんだのは、ゆかさんのボディの施術を受けたいなということ。

ずっと気にはなっていたけど、ゆかさんの前で身体を晒すなんてできないとか、料金もお高いし…とか、色んな理由つけて、自分には必要ないよってどこかで分かってるフェイスを予約しては、結局子どもの体調不良でキャンセルしたり…。

本当に一人相撲とってただけだった。

ゆかさんは、いつも心からウェルカムで待っててくれたのに、私が自分で自分の心に素直に従わなかったから、今、ゆかさんに対して大好きなのに、申し訳ない気持ちが邪魔をして、それを言えない事態になってるんだって、ここにきてようやく腑に落ちた。

ゆかさんからは、いやいや、やっとか〜い!って突っ込まれそうだけど。

私がそうやって自分の中でストーリー作って、嫌われたくないからと一人相撲とっても、ゆかさんや、はるさんや、今、私を取り囲んでる温かい人達は、何ら変わりなく、私を見守ってくれてるって気づけた。

そこに気づいた今は、そのことに対する喜びと、感謝しかないです。

だから、今なら素直に全てを晒け出せる。

行動の約束は、ゆかさんにラブレターを送ること。



ここ最近、自分がどうしたいのか、何を選べばいいのかわからなくて、ずっとモヤモヤしていたのが晴れたみたい。

師走だから?

土曜日はお仕事、日曜日は学校行事で朝から6人分お弁当作り、そしてまた月曜日からの3日連勤で、ようやく明日お休みなのに、何だか気持ちが上がらない…。

明日はとても楽しみにしていた、舞リージングメソッドのWSに参加予定なのに。

ちょうど子ども達の持久走大会の日と重なってしまい、応援に行きたいけど、WSも行きたい…。

予定がかぶったのがわかったのは、WSの申し込みをした後。
その時はWSをキャンセルするなんて思いもせず、応援に行かない自分に納得したはずでした。

日曜日も学校行ったし、持久走はもういいかなって。

でも、この直前になって、迷いが出てきた。

本当にこの選択で良かったの?

ひなたもののかもゆうひも、それぞれ中の下か後ろの方、決して早いわけではないし、見に行くほどのことではないと思えばそれまでなんだけど、やっぱり沿道に母の姿があったら、子ども達は嬉しいんじゃないかな?
きついけど、頑張ろうって思うんじゃないかな?
それなりに、自分の力を出そうって思うんじゃないかな?

仕事を始めて、土曜日の午前中はいなかったり、学校から帰ってきても、私は迎えてあげられなかったり…我慢させてる部分もあるから、学校行事の時くらい、行ってあげた方がいいんじゃないかな。

自分の楽しみを取るか、子ども達の応援を取るか…悶々と昨日から考えてたら…。

突然、何もしたくなくなった。
他人に会いたくない、何もしたくない、どこにも行きたくない。

漠然とした何だかわからないモヤモヤがここ最近ずっとあったけど、それが、この状況きっかけに出てきた感じ。

最近は凄く楽しくて、満足した毎日を送ってきていたはずなのに、何だろう、この焦燥感。
心のどこかが空虚。

こんなモヤモヤした醜い自分を、したいことも選べない自分を、人に見られたくない。
引きこもりたい。

「ママは明日は応援行けないからね」って、何度も子どもに言いながら、自分に言い聞かせてる。

どっちにも行きたいから、どっちに行っても後悔する気がして、決められない。

| 1/2PAGES | >>