母と娘の順調なブルース

結局、娘を放っておくことができずに、娘のことばかりに神経を使っていたなぁと気づいたここ数日。


でも、母であることを一生懸命やってみたから気づけた真実。


火曜日、長女は学校へ行って、会議室で1日を過ごしてきた。


その日に私はスクールカウンセラーの先生と、長女の担任の先生に会い、話をした。

スクールカウンセラーの先生は、娘に合わせて、徐々に様子を見ていこうといった感じ。


担任の先生は、どう対応していいか決めかねている。

来年度は別室で過ごすということも難しくなりそうなので、今は良くても2年生、3年生になってからのことが心配だと。


答えは出たようで出ない…。


親の私でさえ、もう娘にどうしてあげたらいいのかわからない。


うるさく言いたくないと思ったり、見守ろうと思う反面、わーっと歯がゆい気持ちがわいてきたり。


学校に行かなくたって、死にはしないと思おうとしても、やっぱり親だから…未来を先読みして不安になってしまう。


翌日水曜日、期末テストの娘。


朝から近所のお友だちに迎えに来てもらったが、ぐずってなかなか出ようとしない。

泣いているのを追いたてるように登校させた。


仕事を終え帰宅すると、今日は給食だけは教室に入れたと、明るい長女。

その代わり、いつも通り…というか、弟妹にぎゃあぎゃあとうるさく噛みつく娘に戻りつつあった。

自分のことは棚に上げて、いちいち妹・弟には口を出す。

いらない茶々を入れたり。


自分が弱り、学校に行けない引け目がある時は、弟妹にも優しく、お利口さんになるのに、手の平を返したようなこの態度に、いつも腹立たしくなる。


夜になって、まだ白紙の課題をパタンパタンと片付けて、2階に上がろうとする娘。


「もうやらないの?」「明日のテストの勉強じゃないの?」「やらなかったら明日のテスト、できないんじゃないの?」


土日に加え、金曜日と月曜日、2日間休んでいた間は、授業に出ない代わりにしっかり自分で勉強しておくように言っていたのに、していなかった娘。

教科書を見れば答えは書いてあるのに、調べて解こうともしていない娘に、猛烈に怒りがわいた。


私が教科書を見て、答えを示しても書こうとしないその態度にも。


やらない理由は、「早く寝ないと頭が痛くなるから」


はぁ!?だ。


これまで、1時2時まで起きていて、早く寝なさいと何度言われた?


そんな理由は通用しない。

早く寝ないと頭が痛くなるなら、休みの間に、会議室で勉強していた間にやっててよ!

やらないといけないことから逃げているだけじゃない。


信頼していたのに、裏切られた気分だった。


叱られて、私に背を向け泣きながらひととおり課題を終えて、0時過ぎに娘が2階に上がって行くまで、私もただ何も言わずに起きてそこにいた。


もう、やるだけやった。

もう、知らない。

もう、手放そう…。


そこにいて娘を見ながら、心底思った。


これまで、私の気持ちも汲んで今回の長女のことにもなるべく口を出さず、できることは協力して、見守ってくれていた夫が寝る前に言い放った、「馬鹿らしい」が私の中でもこだまする。


私は娘が、勉強をしたくない、学校に行きたくない、面倒臭い…ただそう思っていることを認めたくなくて。

この子は、学校で嫌なことを言われたから、嫌なことをされたから行きたくないのだ。

悩みがあって、学校へ行けない可哀想な子にしてしまって、あれやこれや気を遣って、世話を焼いていたんだ。


娘のことに真剣で、必死な母でいたかった。


自分のことを置き去りにして。


本当は、ずっと解放されたかった。


娘は娘、自分は自分で良かったのに、母だから…と、必死に寄り添おうとしてた。


13歳、『Death』yearの長女。

反抗期真っ盛り。

順調なのだ。

娘は娘を1分1秒の狂いもなく、娘を生きているだけ。


ならば、母でなければならない私を手放して、私も私を生きよう。


そう決めたとたん、ぐずついていた体の不調が、待ってましたとばかりにわぁっと出てきた。


頭も体も重く、目が痒い。

起きると目やにで目が開けられず、喉の奥には痰がたまっている。

鼻もムズムズ、鼻水も。


花粉症だと…まだ認めたくないけど、アレルギー症状だ。


これまで置き去りにしていた私を見つめて、ゆっくり癒していこう。



発芽玄米で作った甘酒で、豆乳甘酒ラテ。


みっちゃんの味わいには足りないけれど、自分に優しくの一歩にはちょうどいい😌


Empress私の中の母という存在。

今日はお休みをもらって、娘のことでスクールカウンセラーの方に会う予定。


朝からどうにも体調が優れない。


熱があるとか、ひどくどこか痛いとかじゃないんだけど…、なんとなくすっきりしない体の重さ。


食欲もない。


何だかサナギにでもなった気分で、蠢いているものがあるのに、まだ硬いものの内側にある感覚。


今日私が生きる一枚は『Empress』


結局、今日は教室には行かず会議室で過ごすということで、登校している長女。


彼女のために、自分の中のEmpressを、今度は健全に使えるだろうか?


『Empress』の『Creativity』『Love』『Nurturing』『Compassion』を意識する。
娘のためにも、自分のためにも、これらを1日抱き締めるように自分の中にもっていようと思う。


みっちゃんが飲ませてくれた甘酒ラテを体が欲していたけれど、甘酒を作っていなかった。


食欲はなくても温かいものをとりたくて、Empressの後ろの赤い月が梅干しのように見えたので、行動の約束を「梅干しを黒く焼いて梅干し湯にして飲む」とした。


ギフトは『Death』

あなたに良かれと思って…考えたり、感じたり、動いてしまう自分のパターンを終わらせる時なのかもしれない。



こうしてEmpressとDeathが並んでいるのを見ると、これまで自分が持っていた母という概念から抜け出していいんだということにも受け取れました。


梅干しを黒くなるまで焼いて、お湯を注ぎ、梅を崩しながらゆっくり飲む…。



じんわりとお腹に温かさが拡がっていく…。

美味しい😌

味わいながら、ひとつずつ、少しずつ、体の不調がほどけていく感覚。

滋養の味。

欲しかった味だ。


みっちゃんの真似をして、発芽玄米を炊き、それで甘酒を仕込みました。


娘のことにも真剣になりつつ、自分のこともおざなりにならないように…。

私もまた、私という存在の母。

慈しんで、労ってあげていい。


娘に対してのEmpressと、自分に対してのEmpress、バランスがまだ難しい。

でも、どちらに必死になっていても、必死になれないときがあっても、それが今の私のEmpressなのかなと思う。


私もまだ母という経験を、している途中にあるんだ。


調整中…。

昨日の朝の1枚は『Confusion』

みっちゃんの勉強会に参加。

本当に思考を意識して、また思考する1日でした。


大分から戻り、行動の約束をする。

長女の頭を撫でて、ぎゅっと抱き締めて、「月曜日まで休んで、火曜日からは学校に行くように言ってたけど、それよりもっと、あなたが休みたいんだったら、休んでいいよ」


長女を抱き締めることも、休んでいいと伝えることも、かなり勇気だった。

怖さがあった。


拒否されたらどうしよう。

嫌がられたらどうしよう。

休んでいいと伝えたら…最悪どうなる?


抱き締めて、いつの間にこんなにも大きくなっちゃったんだろう…。

私以上に大きく感じた背中。

いつから娘のこと、こうして抱き締めてなかったかな?


別に嫌がられなかった。

照れ臭そうにしてたけど、嬉しそうな空気を感じた。


休みたいなら休みたいだけ、休んでいいよと伝えると、「う…ん」と、戸惑った様子。

どちらでもいい。

火曜日から行く選択をしても、火曜日からも休む選択をしても。

自分で選んで決めるなら。


クロージングは『Time-Space』


未来に芽吹くの種は蒔かれている。

とりあえず、どうにかこうにか…エゴに必死に抵抗しながらも、舵はきれたなと感じた。


今日日曜日は、思考にグラングラン揺さぶられた昨日の反動のように、ひどい頭痛が一日中治まらなかった。



引いた私が今日生きるカードは『Ecstasy』

どうにもこうにも、左上のキラキラした水面が気になる。


ずっと掃除できてなくて、汚れたままの浴室。

きれいに掃除したお風呂に、気持ち良く浸かりたい。

「浴室をピカピカに掃除する」行動の約束で、ギフトは『Integrity』


頭痛が少し緩んでる間に、気合いを入れて掃除に取りかかる。


浴室がきれいになって、今夜このお風呂に気持ち良く入れるって思ったら嬉しかった😊


夜になっても頭痛はとれなくて、お風呂掃除した以外はほとんどゴロゴロ過ごして家族に1日頼らせてもらいました。



娘と分かち合う時間。

こんにちは😌


グラウンディングヨガ™️インストラクターMoonDropsの仁(Megumi)です。


今日は桜木東コミュニティセンターでのグラウンディングヨガレッスンでした。


私には4人の子どもがいます。

中学1年生の長女、小学6年生の次女、小学3年生の長男、年少さんの3女。


その中でも、中学1年生の長女には、一番一緒にいた時間が長い分、一番心を砕いてきたと思うのです。


小学生の頃から…中学に上がってからも、1学期に一度は自分のバランスを崩し、学校に行きたがらなくなります。


その度に私も振り回されるし、心を遣う。


昨日は泣きながらでも登校させました。

その前日の夜まではいつもの娘だったし、(妙に聞き分けがいいとは思っていましたが)理由がわからないのに休ませられないと思ったから。


でも、学校に行くことが全てでもないと思っているわけで…。

今日は私と一緒に自主休校。

ゆっくり話もできるし、まず、レッスンに連れていってヨガをさせようと思いました。


(足だけ長女)


以前もこうして休ませて、長女をヨガレッスンに連れていった時にご一緒した生徒さんと今日の時間になったのも、巡り合わせかな。


そのおかげかリラックスした雰囲気で、和室での3人がちょうど良い距離感。

私も今日引いたカードは『Negativity』だったけれど、娘とのことではネガティブにならずに娘と過ごすことができました。



娘との時間を分かち合いながら、自分自身ともパートナーシップをとっていく。


今、ここにいる私だから、以前のように過剰に心配したり、不安になったり、娘のことに揺さぶられなくなりました。


だから、今日はそばにいても疲れなくて、心地良い時間を過ごせました。


帰宅後、大きなお好み焼きを作って、娘と半分こ。


結局ね、最たる原因はよくわからないんだけど、またこれまでのように、人の目を気にしたり、人のせいにしたり、嫌われてるかもって思ったり…人とのあれこれを問題にしているようだけど、ぐるぐるぐるぐる頭の中だけで妄想を膨らませて、怖くなって、逃げたくなってるなぁって…。


全部、長女の頭の中だけのこと。

娘の頭の中で繰り広げられるストーリーを、私がどう書き換えることもできなくて、結局は乗り越えていくことは娘に委ねるしかない。



DVDになってから、レンタルしてきて今になってようやく観ている『グレイテストショーマン』


最初は興味なさそうだったのに、何か触れるものがあったのか、食い気の多い長女の箸が進まないほどに見入っていました。


頭だけで悶々としていた娘と、今日一緒にレッスンに行けて、ヨガができて良かったな😌

一緒にお好み焼きを食べて、映画を観れて、良かった。


さて、明日は娘も私も、どんな1日になるのかなぁ?


進むために戻るのだ。

こんばんは😌


グラウンディングヨガ™️インストラクターの仁(Megumi)です。


1月15日、「今日の私は何者で生きる?」


『Oppression』

5番の仏陀のカード。

久しぶりに見たなぁ。

一瞬ドキリとしたけれど、怖い感じはしなかった。


何か制限されていたり、抑圧されていたり…そう感じていること、ある?


いくつか思い当たることを考えて、そこから行動の約束を起こそうとするけれど、いまいちピンとこない感じばかり。


仕事も、家庭も、金銭面も、パートナーシップも、それなりに不自由さを感じる面もあるけれど、そんなことではない気がする…。


でも…あるんですよね。


これだ!!って、思い浮かんだ行動の約束が、自分でしっくりくる瞬間。


昨日セッションを受けてくださった方も、いくつか家族の誰かが関わっての行動の約束を考えたけれど、ギフトがチャレンジだったり、何となく納得できない行動だったり。

でも、最終的にご自分のための行動の約束をした時に、一番しっくりくる感じだと言われていました。


私がやりたいのにできない頭にしてしまっていたこと。

言いたいのに伝えてなかったこと。


『Oppression』から導いた行動の約束は、「母に、天草の実家(お寺)でグラウンディングヨガのレッスンをしたいと伝える」こと。


お寺であるとはいえ、母達の生活空間でもある場所で、ヨガレッスンのワークショップをしたいと言ったら、どう感じるだろう?


無理だと言われるかも…。

断られたらどうしよう…。

怖い…。


ギフトは『Hanged Man』


こちらも久しぶりに引くカード。

一見、怖くてギフトとしては受けとりたくないようなカード。

でも、今日の私は受けとりたい感覚でした。

「よしっ!!」って思った。


委ねて流れにのせられてしまえば、必ず光を掴める。

怖いように思えることにこそ、大きな逆転のチャンス。

何せ真逆のことをさせられるんだもん。

違う世界が見えて当たり前。

怖いよね〜。

ドキドキだよね〜。

どうなるかわからない。


…でも、やってみなければ、どうなるかなんてわからないし、やらなければ、ずっと思考の中でグルグル堂々巡りしているだけで、何も進まない。


1日仕事をしながらも、ずっと意識はそこにあった。


どう伝えよう?

どんな反応されるだろう?


怖かったし、母相手なのに緊張した。

でも、どこかで楽観視している自分もいて。

今の私なら、Yesをもらうまで伝えていけると感じていました。


夜、ひとりで買い物に出た先の駐車場で、車の中、母に電話。


なかなか本題にもっていけなかった…けど、思いきって切り出した。


何を言い出したのか、とんでもないという印象。

お寺でやりたいなら、他のお寺をあたってみたらという感じのことも言われました。

ヨガするスペースなんてないじゃない。

駐車場とか、どうするの?

片付いてないし…。


それでも

天草でやりたいの。

天草の、あのお寺(実家)がいいんだよ。

生まれ育った場所で、一度はやってみたい。


伝えるうちに、母も次第に受け入れてきている様子。


最終的には、私は家でやることには何にも言えないから(家のことの決定権は兄にあるから)住職である兄に相談しなさいということで、話は終わりました。


具体的には何も進んでいないけれど、伝えられたことで何か前進した気がする。


クロージングは『Setback』


母に伝えることでまた、改めて兄にも伝えることが必要になった。

でも、前に伝えた時とは本気の度合いが違うし、母に伝えた上での『Setback』


前に進むための後退。

もうそこに辿り着けるとわかっているから、遠回りしても行くんだ。



| 1/4PAGES | >>