アメイジングプログラム初日


似合うでしょうか??



今日は、グラウンディングヨガの師匠、水本晴美さんによる、アメイジングプログラムの初日でした。


お部屋に入るなり目に飛び込んできた、マットの上に広げられたヨガパンツ。


「えっ?今日はこれをはいてのセッション??」


「こんな派手なの、私着れるかなぁ?」


頭の中では、即座に躊躇したけれど…



(可愛い!)


(今の私なら、似合うはず)


(これ、はきたい)


魂はそう叫んでいました。


昨年末、グラウンディングヨガのマスタークラスを受けることを途中で辞めてしまったあと、ヴィーナスコーチングに向けて、私は躍起になっていました。


どこかに、「コーチングを受けなくても、ひとりでも痩せられる(変われる)」「はるさんを見返したい」という思いがあったと思います。


全身調律メソッドをはじめ、独自のストレッチや食事制限を取り入れ、時には吐くことをしながら、短期間で5キロほど体重は落ちましたが、頭では喜びながらも全く納得していませんでした。


「〜しなければ痩せられない」などの観念を抱えたままでしたから、苦しみながら維持する体は、私にとって本当に欲していたところではなかったのです。


そして年明け、ヴィーナスコーチングを受けました。


あんなに苦しみながら、きつい思いをしながら保っていたところに、気づけば本当に自然に、楽に立てている自分がいます。


今まで抱えていたものはなんだったのかと思えるほどに。


きつい運動をしなくても、食べたいものをたべても、勿論吐かなくても…


意識で身体は変えられる。



何をしても、どんなに頑張っても、変わることはないという思い込みの着ぐるみを、本当に脱いだ感覚。



それを手放した今、身も心も軽やかです。


もうこれまでも充分、色々やってきたからいいじゃない?

結果痩せたからいいじゃない?


…そう思われるかもしれません。


けれど、自分で愛せる体を手にいれただけがゴールではないと、私の魂は言っていて、まだまだ、私には手放せるもの、また、得られるものがあると感じているから、今回、アメイジングプログラムへの参加を決めました。


現在、ボイジャータロットでいう『Tower』yearから8ヶ月後、ちょうど訪れる『Star』yearへ向けて。


見た目だけじゃなく、私の魂を自由に生かしていくために。


アメイジングなプロセスに入っていきます。


夏休みの休日。

今日はヨガレッスンの予定でしたがお休みのお申し出が重なってしまい、ご参加がない状態にに。

会場をキャンセルして、子どもと1日ゆっくり過ごしました。


末っ子も幼稚園お休みさせて、午後から宇城市不知火美術館へ。


ザ・キャビンカンパニー絵本原画展

『あたまのなかのぼうけん』



長女の夏休みの課題で美術館に行かないといけなかったのもあったんだけど、ずっと行ってみたかったので、良い機会でした(^-^)


お友達からこの展示があっていると聞いていて、私自身絵本が大好きだし、末っ子連れて行きたかったの(*^^*)


絵本の世界を立体にした展示や、アニメーションも流れていたり、絵本を読めるスペースもあって、小さい子でも楽しめる展示でした。



帰り道、ぽかぽかやさんでおやつを買って、幸せ気分で帰宅。

夏休みバージョンの可愛いアイシングクッキーに、子ども達も喜んでました。



久しぶりに子ども達皆とのんびり過ごせて、私も自分が凄く緩んだ感覚。


夏休みに入るちょっと前から新しい職場での仕事が始まり、そして夏休みへ。

気づかぬうちに自分を消耗して、無理矢理頑張らせていたんだなぁって、子ども達と過ごして気づきました。


夏休みも残りあと少し。

終わる前にこんな時間を過ごせて良かったな(^^)


ここのも、夏休みなのにずっと幼稚園に行ったりしていて、最近送って行った時にぐずって後追い泣きするようになってて、やっぱり我慢してたんだろうな。

今日一緒に過ごせたことで、ちょっとでもリセットできるといいな。



ヴィーナスコーチング最終日。

昨夜の雨が嘘みたい。



清々しい陽射しの降り注ぐお部屋で、ヴィーナスコーチングの最終日を迎えました。


前回までのプロセス

http://lapinmoondrop.jugem.jp/?eid=70


全然、そんなつもりじゃなかったのに、昨日、はるさんがあげられてた記事に…3人の笑顔に、モヤモヤした気持ちを抱いてしまった…と口に出したところから、この数ヶ月、自分の中に押し止めてなかったことにしていたものが、溢れ出てきました。


私はマスターへの道を途中で辞めたんだから。
もう、立場が違うから。
一緒にいれなくてもいい、もう会えなくなってもいいから…そんな覚悟で辞めたんだから、こんな風に思ってはいけない。
口に出してはいけない。



………でも、あの笑顔に並んでいたかった。


会えなくなって、寂しかった。


同じ場所を、時間を共有したかった。



そんな、素直な気持ち。


そんなこと、言ったら(書いたら)見ている人達に何て思われるだろう?



自分の中でなかったことにして、蓋をして、しまいこんでしまおうとしていたものを、はるさんが開けて、出させてくれました。

口を開けて、喉を開いて、あ〜〜と出す声は嗚咽に変わり…。
こんな風に、人前で泣いて恥ずかしい、子どもみたいでバカみたい。

でも、それが赦される場所で、安心して泣けたし、胸の内につかえていたものを出すことが出来ました。


ここでなければ出来なかったこと。


本当は最終日は、ポーズをしてサラッと終わりの予定だったのに、完全に想定外の流れ…でも、共振の中、必然として起こっているのだと、はるさんのお話を聞きながら心から嬉しく、離れている人とも繋がっているのを感じていました。


アメイジンググレースの曲に合わせて、自分を愛でながら軽く動いて、タロットのセッション。


これも想定外だけれど、必然の流れ。

私の次のステージに向けてのセッション。



選択のカードワークとも言えるけど、どれも私には既にある道。

どの道も選べるし、その全部だって行ける。


最初に出た『Growth』が、今日のこの日のギフトのように、輝いて見えました。



最後の行動の約束をして、ギフトは『Aspiration』


マスターになるのを辞めて、前に向かう道が全部なくなったように思えていたけれど、ちゃんと残っていた。


マスターじゃなくても、元の場所じゃなくても、私の輝きを出せるところ。



大志を抱いて。


新たな仁生のスタートです!


ヴィーナスコーチング

4月末から、LuluLotusアカデミー代表、水本晴美こと…はるさんから、ヴィーナスコーチングを受けています。



受けたいと申し込んだのは1月末。


まだマスタークラスを辞める前でした。


その頃は、出したくてもどうしても出していけない自分が苦しくて、体が変われば自信がもてるかもしれない。

自信をもって、自分を出していけるかもしれない…そう思って。


その後、マスタークラスを辞める決断をして、そのことをお話した際に、ヴィーナスコーチングはどうするか問われた時に、受けないという選択もありました。

正直、金銭的にも苦しかった時期。

そんなことしている場合じゃないんじゃないか…。

マスタークラスを辞めてしまって、はるさんに会わせる顔がないとも思っていました。


けれどヨガとか、そんな部分を取り払った今、もう一度はるさんと繋がり直したい。

教える側と教えられる側、伝える側と伝えられる側でなく、ひとりの人として。


受けると改めてお申し込みしたものの、急な休みの変更などで、2月から始める予定が延びに延びて、初回は4月。

新町のスタジオで、2ヶ月以上ぶりにはるさんにお会いしました。



初回は5回のコーチングで達成したい目標を決め、何故それを達成させたいのか…5つのWhyを出しました。


私の目標に合わせたスペシャルバージョンの全身調律メソッドも教わり、初回は終了。


観念をいくつか出して、その観念ワークが次回までの宿題だったのだけれど、2回目の日、全く宿題ができなかったと告白。

その日ははるさんと一緒に観念ワークをしていきました。



目標を達成した私になるための、ヒーローズジャーニー。

行動の約束は、とにかく観念を出すことすら出来なかったところから、出していくことが出来るようになったことが、自分にとっては大きかったので、「新たに観念を10個書き出す」

ギフトは『Time-space』


最初にヴィーナスコーチングを受けたいと思った自分と、改めてヴィーナスコーチングを受けると決めたとき、そして2回目を受けて、本当には自分がどうなりたいのか定まっていなかった自分の魂の方向性が、決まってきている気がしました。


2週間後の3回目は、全体を流すオイルトリートメントを受けました。


はるさんに直接触れられながら、声に出ていない部分でも、伝わり合っている感覚。

言葉以上に伝わるコミュニケーション。

あ〜…私はずっと、こんな風に触れられたかったんだな〜と。

はるさんが、私を「変えよう」としているのではなく、私の「変わろう」という意識にそっと手を添えて、サポートしてくれているのがわかるのです。

自然と、心から、嬉しさと感謝の気持ちが溢れ、最高に心地良い時間でした。


いる場所が変わっても、立場がどうこうとか関係なく、こんな風に繋がりあえる人がいるってありがたい。



目標を達成できなかったら…『Love』

目標を達成したら…『Empress』

どちらも3番というのが面白い。

どちらに向かっても、私は私と言われている気がしました。

変わっても変わらなくても、もうすでに「私」なんだ。



そして6月に入り、梅雨前の明るい日差し溢れるお部屋で、4回目のセッション。


自分でも感じていましたが、見てとれる体の変化に、はるさんも驚かれていました。


痩せなきゃ!と思って、これを食べたら太る!と思って、頑張らなきゃ痩せない!と思って…必死に、無理して、もっていき、保っていたところに、今、自然に無理なくいれるのです。


そしてそれは、体型だけのことに留まらず、生活においても。


頑張らないといけない、ちゃんとしないといけない、良い母でいないといけない、仕事をしないといけない、休んではいけない…。


観念ワークを楽しんでできるようになってから、そうと思わずにとらわれていた思い込みが少しずつ剥がれ落ち、新しい自分になっていく感覚。


勿論、「私」そのものは無くさないままに。


とらわれていたところから抜け出していく度に、本来の自由を得て、身も心も軽やかになっている自分を感じ、とても生き(息)やすくなっています。



見た目にもずいぶん変化したけれど、もう一押し!のためのアーサナを2種教えていただきました。


4つ行動の約束をして、そのギフトは『Fool-child』


昨年末からの流れで、また一つの転換期を迎えることになったけれど、全てが必要なプロセスだったんだと、ヴィーナスコーチングを受けて、より明確に感じます。


帰宅後、行動の約束のひとつ、6月のホールセルフマンダラをひろげました。


行動の約束は、

「ヴィーナスコーチングのことについて、ブログを書く」→『Tower』

「長女が産まれる前に買ったビキニを着る」→『Emperor』



ヴィーナスコーチングも、残すところラスト1回。


最初になりたいと思い描いていた自分になれても、なれなくても、今はどちらもあるままに受け入れられる気がしています。


春に向かう。

3月に入り、熊本もここ数日、ずいぶん暖かくなりました。


久しぶりのブログ更新になりました。


出したいこと、書きたいことはたくさんあったはずなのに、どうしても出せない自分、書けなかった日々でした。


出せなかったこの間の、最たる私自身の変化は、グラウンディングヨガTLT(マスターを目指す学び)への参加を辞めたことです。


今でも、辞めるに至った本当の理由は、自分でもどれなのか…けれど、挙げられる理由全てがそうなのだとも思うし…かと言って、ここでそれを書き出しても、辞める言い訳を誰かにしたいわけでもないし、自分の中では全て納得した上で決めたことなので、それはしません。


TLTへの参加を辞めたことで、LuluLotusアカデミーのスタジオでのレッスンは、現在私は行っていません。


TLTへの参加を途中で辞めることになりましたが、グラウンディングヨガは私の大事な一部だと感じていますし、そこに集う人達のことも大好きで、大切に思う気持ち、リスペクトし、応援する気持ちに変わりはありません。


これからの私は、TLTに参加し始めた時にはシフトチェンジしようとしていた、ヨガをメインにしていく方向ではなく、これまでのようにヨガではない仕事をメインにおいての生活になります。

(お仕事の内容は変わる予定です。)


けれど、桜木東コミュニティセンターでの水曜日のレッスンは、これまで通り、来ていただける生徒様と一緒に、自分自身を保つための、また、緩める大切な時間として続けていくつもりです。



今日のコミセンでのレッスンは、春へ向かい、気持ちも上向きになってきた私を後押しするかのように、暖房のいらない暖かさでした。


不思議と、ここ最近の方が、自分への自由度、気持ちの余裕が増してきて、これまではレッスンに取り入れる自信がなかったブロックを使ってのアーサナをやったりしています。



自分が本当に大切にしたいもの、楽しめるものが見えてきて、ようやくチャレンジしてみてる今。


TLTを辞めたとしても、TTでこれまで私が培ってきたものはなくならないし、レッスンはしていける。

それに気づいたら、何かにとらわれ、執着していたような苦しさはなくなり、水曜日のレッスンがとても楽しみなのです。



そんな私がお世話になっている桜木東コミュニティセンターでは、3月31日(土)に、コミセン感謝祭が開催されます。


私もヨガのレッスンで参加しないかお声かけいただき、グラウンディングヨガを知ってもらうきっかけになればと、お請けしていたのですが、後になって末っ子の卒園式を兼ねたお別れ会と日が重なっていることがわかり、泣く泣く断念しました。

来年は是非、参加できたらと思っています。


色んな楽しいイベントが催されるみたいですので、お時間あられる方は、足を運んでみてください(^^)


| 1/3PAGES | >>